みことば日記

【御言葉日記】2016/11/29
ルカ1:32-33 その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また、神である主は彼にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」

★ごく普通の若い女性マリヤが生む男の子イエスはなんとすごいお方か! 私たちもごく普通の人間だが、私たちの内に住まわれる聖霊はなんとすごいお方だろう!

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-29 06:40 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/28
ルカ1:30-31 すると御使いが言った。「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。

★天使を見たからマリヤは恐がったのか? 天使の言葉はあまりにも常識を超えている。このことの方が恐ろしい。しかし、天の法則ではこれは「絶大な恵み」だ。私たちも恵みの中を生きている。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-28 06:56 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/27
ルカ1:28-29 御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」 しかし、マリヤはこのことばに、ひどくとまどって、これはいったい何のあいさつかと考え込んだ。

★神が私たちの人生に介入される時、私たちは戸惑うものだ。神はいつも私たちと共におられるが、普段はそれほど神を感じていないのだろう。

==
今日からアドベントに入ります。イエス様の誕生の意味を深く思いたいです。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-27 06:29 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/26
ローマ8:4 それは、肉に従って歩まず、御霊に従って歩む私たちの中に、律法の要求が全うされるためなのです。

★イエス様の十字架で、律法ではない新しい聖霊の法則が働くようになった。聖霊が私たちの中に住まわれることで律法も私たちの中に済むことになったからだ。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-26 06:51 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/25
ローマ8:3 肉によって無力になったため、律法にはできなくなっていることを、神はしてくださいました。神はご自分の御子を、罪のために、罪深い肉と同じような形でお遣わしになり、肉において罪を処罰されたのです。

★いくらすばらしい律法であっても、私たち罪人(肉)を変えることはできなかった。そこで、イエス様が律法を完璧に守りつつ、十字架でその完璧なイエス様の肉(律法)を打ち砕かれた。ここで救いが完成した。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-25 06:20 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/24
ローマ8:1-2 こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。

★「決して」という言葉に重みを感じる。私は罪人なのに、罪に定められないのだ。ここに十字架の恵みのすごさがある。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-24 06:21 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/23
ローマ6:13 また、あなたがたの手足を不義の器として罪にささげてはいけません。むしろ、死者の中から生かされた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげなさい。

★救われた私たちの生き方は罪人の時と同じであってはならない。しかし、まだまだ前の生き方が染みついている。この体も生き方も神に献げて新しい人として生きることを習慣化したいものだ。

==
今日はCBC(中央聖書神学校)フェスタです。祝福をお祈りください。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-23 06:46 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/22
ローマ5:8 しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。

★イエス様は「あなたが正しく生きることができるようになったら救ってあげる」とは言われなかった。罪人なのに救ってくださった。これが愛だ。

==
福島県、茨城県での地震が気になり祈っています。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-22 06:48 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/21
ローマ5:5 この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

★キリスト教の素晴らしさは「希望」があるということだ。単なる夢物語ではない。聖霊が私にも神の愛を実体験させてくださった。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-21 07:13 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/11/20
ローマ5:3-4 そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。

★「患難さえも喜んでいます」とまで言い切れない自分がいる。言い切れるようになれるといいのだが。でも、患難が忍耐を生み出すことなどは体験した気がする。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
# by shinnakano | 2016-11-20 06:18 | みことば