みことば日記

【御言葉日記】2018/1/19
ヨハネ18:39-40 しかし、過越の祭りに、私があなたがたのためにひとりの者を釈放するのがならわしになっています。それで、あなたがたのために、ユダヤ人の王を釈放することにしましょうか。」 すると彼らはみな、また大声をあげて、「この人ではない。バラバだ」と言った。このバラバは強盗であった。

★自らも犯罪人であることを認めていたバラバだろう。その彼が罪のないイエスと立場が逆転する。それは私も同じだということだ。ただ、人々の声でイエス様が十字架にかけられたのではなく、イエス様の愛によってだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-19 07:06 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/18
ヨハネ18:38 ピラトはイエスに言った。「真理とは何ですか。」 彼はこう言ってから、またユダヤ人たちのところに出て行って、彼らに言った。「私は、あの人には罪を認めません。

★ピラトも真理を知らない。もっと求めればいいのに!求めずにユダヤ人のところに出て行っている。イエスに罪を認めないのだから、もっと真剣にイエス様に向き合うべきだった。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-18 06:20 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/17
ヨハネ18:31 そこでピラトは彼らに言った。「あなたがたがこの人を引き取り、自分たちの律法に従ってさばきなさい。」ユダヤ人たちは彼に言った。「私たちには、だれを死刑にすることも許されてはいません。」

★ステパノの処刑の時はピラトに訴えていない。イエスはあまりに有名になったため、自分たちが処刑すると今度は自分たちが危ない。責任をローマ側に押し付けようとしたのだ。何とずる賢いことか。頭のよさをこういう風に使うのがどれ程の罪か。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-17 06:24 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/16
ヨハネ18:28 さて、彼らはイエスを、カヤパのところから総督官邸に連れて行った。時は明け方であった。彼らは、過越の食事が食べられなくなることのないように、汚れを受けまいとして、官邸に入らなかった。

★ユダヤの指導者達が官邸に入らなかったのは、ピラトが異邦人だからで、そこに入ると自分たちが汚れるからだ。そんなに聖さを重んじる彼らが、イエスを殺すことに何とも思わないとは。罪の恐ろしさ!

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-16 06:27 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/15
ヨハネ18:8 イエスは答えられた。「それはわたしだと、あなたがたに言ったでしょう。もしわたしを捜しているのなら、この人たちはこのままで去らせなさい。」

★弟子達の安全を最優先されるイエス様。十字架は私たちを罰から去らせるためだったことを感じた。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-15 06:29 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/14
ヨハネ18:4-6 イエスは自分の身に起ころうとするすべてのことを知っておられたので、出て来て、「だれを捜すのか」と彼らに言われた。彼らは、「ナザレ人イエスを」と答えた。イエスは彼らに「それはわたしです」と言われた。・・・彼らはあとずさりし、そして地に倒れた。

★逃げ隠れしないイエス様。十字架を完全に受け入れられたからだ。しかも、その確信に満ちた姿と声に、捕らえに来た者達は倒れた。圧倒される権威を感じたからだろう。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-14 06:33 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/13
ヨハネ18:2 ところで、イエスを裏切ろうとしていたユダもその場所を知っていた。イエスがたびたび弟子たちとそこで会合されたからである。

★捕らえられることがわかっておられても、イエス様はいつもの場所で祈られた。ダニエルも処刑されることがわかっていてもいつものように祈った。「いつものように」私も祈りたい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-13 16:35 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/11
詩篇147:3 主は心の打ち砕かれた者をいやし 彼らの傷を包む。

★私はどれほど神に癒され、傷を包んでいただいたことか。しかし、神の前に本当に心砕かれるという経験は少なかったかも知れない。魂の砕かれた者と共にいてくださる神に信頼し、今日も歩みたい。

(明日は早朝からの出張のため、御言葉日記を休みます。)

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-11 06:38 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/10
エゼキエル47:22 あなたがたと、あなたがたの間で子を生んだ、あなたがたの間の在留異国人とは、この地を自分たちの相続地として、くじで割り当てなければならない。あなたがたは彼らをイスラエル人のうちに生まれた者と同じように扱わなければならない。彼らはイスラエルの部族の中にあって、あなたがたといっしょに、くじで相続地の割り当てを受けなければならない。

★神はユダヤ人も異邦人もみな平等に扱ってくださる。全ての人に同等の救いが用意されている。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-10 06:41 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/1/9
エゼキエル47:9 この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水が入ると、そこの水が良くなるからである。この川が入る所では、すべてのものが生きる。

★長く裁きの預言があったのに、こんなに麗しい言葉を読むと嬉しくてたまらない。聖霊は全ての人を生かすすばらしい神の霊。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-01-09 16:43 | みことば