みことば日記

【御言葉日記】2017/11/19
詩篇137:1 バビロンの川のほとり、そこで、私たちはすわり、シオンを思い出して泣いた。

★バビロン捕囚の悲しみを歌っている。彼らは戻れないかも知れないシオンを思い出して泣いている。悔い改めの涙か? 悔いだけの涙か?

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-19 06:27

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/18
エゼキエル18:32 わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。──神である主の御告げ──だから、悔い改めて、生きよ。

★この神の思いをどれ程わかっているだろうか。軽々しく罪を犯したり、礼拝を怠ったりしてはならない。もちろん律法的にではなくだ。悔い改めて生きようではないか。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-18 07:07 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/17
エゼキエル18:21 しかし、悪者でも、自分の犯したすべての罪から立ち返り、わたしのすべてのおきてを守り、公義と正義を行うなら、彼は必ず生きて、死ぬことはない。

★神は悔い改める者を確実に救ってくださる。早く、自らの罪を悔い改め、家族や人のために祈る人になって欲しい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-17 06:55 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/16
エゼキエル18:20 罪を犯した者は、その者が死に、子は父の咎について負いめがなく、父も子の咎について負いめがない。正しい者の義はその者に帰し、悪者の悪はその者に帰する。

★親の罪が子どもに影響することはない。神にえこひいきはないのである。しかし、自分の罪は自分でおかした分だけでも結構あるのではないか。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-16 06:52 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/15
エゼキエル18:19 あなたがたは、『なぜ、その子は父の咎の罰を負わなくてよいのか』と言う。その子は、公義と正義とを行い、わたしのすべてのおきてを守り行ったので、必ず生きる。

★親が悪くても、子どもが正しく生きれば「生きる」と言われる。自分の生き方を誰かのせいにするのではなく、自ら神を求めて生きるべきだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-15 07:03 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/14
エゼキエル18:2 「あなたがたは、イスラエルの地について、『父が酸いぶどうを食べたので、子どもの歯が浮く』という、このことわざをくり返し言っているが、いったいどうしたことか。

★これは先祖のしたことが子孫に影響を与えるという意味だが、親の罪によって子どもが裁かれることは無い。しかし、人は自分の罪を誰かのせいにしたがる面がある。

==
今日から教団総会です。
御言葉日記を配信できない日があるかも知れませんが、よろしくお願いいたします。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-14 06:55 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/13
エゼキエル14:4 それゆえ、彼らに告げよ。神である主はこう仰せられると言え。心の中に偶像を秘め、不義に引き込むものを自分の顔の前に置きながら、預言者のところに来るすべてのイスラエルの家の者には、【主】であるわたしが、その多くの偶像に応じて答えよう。

★外側は神を礼拝しているようでも心に偶像を持つ人。当然、神に従おうとしているわけではない。自分の思いを通したいだけなのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-13 06:49 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/12
エゼキエル11:19 わたしは彼らに一つの心を与える。すなわち、わたしはあなたがたのうちに新しい霊を与える。わたしは彼らのからだから石の心を取り除き、彼らに肉の心を与える。

★試練は私たちの石の心を柔らかい肉のような心に変える大事なもの。しかも人間的な訓練ではなく、新しい霊をいただくための霊的な訓練である。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-12 06:55 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/11
エゼキエル11:17 それゆえ言え。『神である主はこう仰せられる。わたしはあなたがたを、国々の民のうちから集め、あなたがたが散らされていた国々からあなたがたを連れ戻し、イスラエルの地をあなたがたに与える。』

★神の試練は苦しめることが目的ではない。必ず回復と祝福がその後に用意されている。神の用意されている祝福を見ようではないか。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-11 07:02 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/10
エゼキエル11:16 それゆえ言え。『神である主はこう仰せられる。わたしは彼らを遠く異邦の民の中へ移し、国々の中に散らした。しかし、わたしは彼らが行ったその国々で、しばらくの間、彼らの聖所となっていた。』

★神を礼拝しなくなったイスラエルに与えられる試練。捕囚の民となること。これは最後の裁きではなく、回復のための試練だ。私の受ける試練も同じだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-10 07:06 | みことば