みことば日記

【御言葉日記】2018/1/25
ヨハネ20:1-2 さて、週の初めの日に、マグダラのマリヤは、朝早くまだ暗いうちに墓に来た。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。 それで、走って、シモン・ペテロと、イエスが愛された、もうひとりの弟子とのところに来て、言った。「だれかが墓から主を取って行きました。主をどこに置いたのか、私たちにはわかりません。」

★イエスの遺体が取り去られたと思うのは普通かも知れない。復活を信じないなら、誰かが取っていったということしか考えられないからだ。復活を信じて欲しい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-01-25 06:19 | みことば
<< みことば日記 みことば日記 >>