<   2006年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

みことば日記

Ⅰテモテ4:4 神が造られた物はみな良い物で、感謝して受けるとき、捨てるべき物は何一つありません。

★神の造られた良きものを悪しきものにしてしまう人間は何者だろう。人間のおごり・高ぶりは必ず滅びにつながる。神に感謝をして、神からのものを正しく使わせていただこう。多くの人を幸せにするものがそこにあるはずだ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-31 17:47 | みことば

みことば日記

Ⅰテモテ3:7 また、教会外の人々にも評判の良い人でなければいけません。そしりを受け、悪魔のわなに陥らないためです。

★教会内でも評判がよいかどうかわからないのに、教会外でも評判の良い人でなければとは・・。でも、伝道を考えると確かに評判が良くないといけないなあと思う。ご近所の方に評判の良い牧師になりたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-30 06:46 | みことば

みことば日記

Ⅰテモテ3:4 自分の家庭をよく治め、十分な威厳をもって子どもを従わせている人です。

★私は威厳のない父親だ。ここを読むのがいつも辛い。しっかりと家庭を治め、子どもたちを従わせる父親になりたかった。もう一度人生をやり直したいと思った事は何度もある。でも、こんな自分を神様は優しく愛してくださっている。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-29 08:00 | みことば

みなさん日記

Ⅰテモテ3:3 酒飲みでなく、暴力をふるわず、温和で、争わず、金銭に無欲で、

★今、自分のさらなる目標は「温和」と「金銭に無欲」だ。結構難しい。イエス様の外面を見習っているだけではできそうもない。聖霊に満たされて、内面から変えていただきたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-28 07:30 | みことば

みことば日記

Ⅰテモテ3:2 ですから、監督はこういう人でなければなりません。すなわち、非難されるところがなく、ひとりの妻の夫であり、自分を制し、慎み深く、品位があり、よくもてなし、教える能力があり、

★ここからの言葉は牧師として心にズキッとくる。慎み深く、品位があり、なんてほど遠い。神様も私を召した時にわかっておられたと思う。品位のある人を目指したいと思う。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-27 06:53 | みことば

みことば日記

Ⅰテモテ2:9 同じように女も、つつましい身なりで、控えめに慎み深く身を飾り、はでな髪の形とか、金や真珠や高価な衣服によってではなく、むしろ、神を敬うと言っている女にふさわしく、良い行いを自分の飾りとしなさい。

★誰でも美しくありたい。誰でも心がきれいでありたい。良い行いをしたい。そのためには心の王座に誰を迎えるかが問題なのではないか。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-25 11:16 | みことば

みことば日記

Ⅰテモテ2:8 ですから、私は願うのです。男は、怒ったり言い争ったりすることなく、どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい。

★最近は女性も怒りやすいそうだが、元々男の方が怒り、争いやすい。その男が怒りの手を上げる代わりに、祈りの手を上げたら日本はもっと変わるような気がする。家庭も、職場も自分も変わるような気がする。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-24 09:27 | みことば

みことば日記

Ⅰテモテ1:15 「キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた」ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。

★このパウロの言葉が自分にもわかった時がある。罪人の頭とは思っていなかった自分は、どこかで自分の罪は軽いと思っていたのだ。そうでないことを知ると十字架の重みがわかったのだ。いや、まだ不十分だと思う。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-23 08:54 | みことば

みことば日記

Ⅰテモテ1:13 私は以前は、神をけがす者、迫害する者、暴力をふるう者でした。それでも、信じていないときに知らないでしたことなので、あわれみを受けたのです。

★初めは私にあてはまるものは無いなあと思った。が、振り返ると、神をけがすような言葉は語ったし、クリスチャンの母にたてついた。考えれば他に色々出てきそうだ。それでも、パウロの言うように信じていない時のことで憐れみを受けたのだと感謝している。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-22 07:52 | みことば

みことば日記

Ⅰテサロニケ5:22 悪はどんな悪でも避けなさい。

★悪は小さくても悪。「これくらいは大丈夫と思って」と言う話はよく聞く。そして警察につかまっている。ましてや神の前に「これくらいは」なんてあり得ない。悪は避けるべきだ。避ける勇気も神様からいただこう。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-10-21 08:03 | みことば