<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

みことば日記

ヤコブ1:26 自分は宗教に熱心であると思っても、自分の舌にくつわをかけず、自分の心を欺いているなら、そのような人の宗教はむなしいものです。

★律法学者が聖書をたくさん知っていても、イエス様は彼らの行動をまねるなと言われた。私たちは子どもにまねて欲しい行動をとり、語って欲しい言葉を語っているだろうか?虚しい心になりたくない。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-31 17:22 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:25 ところが、完全な律法、すなわち自由の律法を一心に見つめて離れない人は、すぐに忘れる聞き手にはならないで、事を実行する人になります。こういう人は、その行いによって祝福されます。

★アヒルの赤ちゃんが卵からかえったとき最初に見たものを親と思うように、見つめるものは大きな力を発する。イエス様という自由の律法をしっかり見つめて、真の自由を生きるものとなりたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-31 17:13 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:22 また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。

★御言葉の実行は難しいかもしれない。でも、律法的に実行するのではなく、感謝して実行したいと努力するなら聖霊は確かに働き、実行を助けてくださる。聞くだけでは御言葉の力強さを体験できない。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-29 11:44 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:21 ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。

★私たちには御言葉が植え付けられている。それに逆らって汚れ・悪に傾くなら人生は残念な方向に行く。魂を救うのも人生を正しい方向に導くのも御言葉だ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-28 09:15 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:14-15 人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。

★欲自体は決して悪くはないのだが、過剰になるとそれは良くない。そしてあらゆる悪に誘惑される。まさに罪の中に突入していくことになる。欲を上手く制御する力をいただこう。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-27 09:40 | みことば

みことば日記

メリー・クリスマス!
ヤコブ1:6 ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。

★信じるとは疑わないことだ。疑わないで祈り求めるのはなかなかできないのが私だ。どこかで「だめかな」と思ってしまう。それは神ができないのではなく、私の願いが不純ではないかと思うからだ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-25 07:53 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:5 あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。

★知恵に満ちた人間になりたいのは私だけではないだろう。私は知恵に欠けていると実感している。聖書は求めよという。求めるなら、知恵も与えられるらしい。嬉しい言葉だ。信じて祈るぞ!
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-24 07:21 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:4 その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります。

★欠けのない人間はない。ところが、忍耐を完全に働かせたら、完全になるようだ。ということは忍耐とはそれほど難しいということだ。ならば忍耐を持つ人間になれるようしっかりと祈りたいものだ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-23 07:40 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:3 信仰がためされると忍耐が生じるということを、あなたがたは知っているからです。

★忍耐は最近私たちの周りから消えてしまった言葉の一つだ。「おしん」を好きな日本人も自分は忍耐を好まない。人間として立派に成長するためには忍耐が必要で、子育てでも子どもに我慢させることを教えるではないか。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-22 07:43 | みことば

みことば日記

ヤコブ1:2 私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。

★試練を喜べる人がいるだろうか?イ・チソンさんの本を読んだが事故で恐ろしいほどの火傷。治療の痛みは麻酔をさますほどだったという。彼女は神様に感謝している。この時のための信仰だったことを。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2006-12-21 09:27 | みことば