<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

みことば日記

LB詩篇101:3 低俗で下品なものをはねつけ、あらゆる不正行為を憎んで、縁を切らせてください。

★高尚なもの、尊いもの、本当に大切なものに目を留めたい気持ちを持ちつつ、どこかで低俗・下品なものに心が行ってしまうのが人間だ。この記者のように祈ることで悪しきことから目を背け、聖いものだけを見ていきたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-31 09:05 | みことば

みことば日記

LB詩篇86:6 ああ神様。 もう限界です。 この叫びを聞いてください。

★もう限界だ、と言う人の話を聞くことが度々ある。聞いているだけで辛い。神は聞いていないのかとかつては思った。しかし、決してその人たちの苦しみ辛さを無視されているのではない。神も辛い思いで何かの時と待っておられる。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-30 09:39 | みことば

みことば日記

LB詩篇86:3 ああ神様、最後まで望みを失わず、あなたを見上げている私をあわれんでください。

★大変な苦しみの中で神に祈る作者。でも、最後まで望みを失わないと言っている。現代はガマンを忘れた時代と言われ、簡単に望みを失う。失ってはならないものは、信仰と希望と愛だ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-29 09:24 | みことば

みことば日記

LB詩篇80:3 ああ神様、おそばに戻らせていただきとうございます。 喜びと愛のまなざしを注いでください。 それこそ、私たちを救うものです。

★赤ちゃんがお母さんの笑顔を求めるように、私たちも神の笑みを求めている。神の近くに行こう。神は私たちが近づくことをどれほど喜びとされていることか。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-28 08:43 | みことば

みことば日記

LB詩篇72:12-13 彼は、身寄りのない者や貧しい者を援護します。弱っている者や困っている者を見ると、いても立ってもいられず、助け上げるのです。

★この姿はイエス様の姿だ。そして、どんな人にも必要なのは福音だ。いても立ってもいられず福音を語る者になりたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-27 13:31 | みことば

みことば日記

LB詩篇72:4 王の手で、貧しい者や困っている者が手厚く保護され、虐待しようとする連中は容赦なく懲らしめられるように、ご配慮ください。

★弱い立場にある人を常に心留められたイエス様。私たちの周りの弱い立場の人が安心できるように互いに配慮したい。そして、そのことを神に祈りたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-26 07:35 | みことば

みことば日記

LB詩篇72:1-2 ああ神様。 王がおこころにかなった政治を行ない、王子も神を恐れて暮らすように、助けてください。王が、神様の国民にはもちろんのこと、貧しい人にも公平であるように、助けてください。

★王のために祈る。国民のために祈る。私も議員たちのために祈っているが、大事なのはどの人も神を恐れて暮らすことだ。神の前に恥じない政治をされるように祈ろう。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-25 09:33 | みことば

みことば日記

LB詩篇71:6 そうです、産声をあげた瞬間から、神様はそばにいてくださり、折りあるごとに助けてくださいました。 ですから、私がいつも神様をほめたたえるのも当然なのです。

★神は私の生まれる前から知っておられ、ずっと一緒におられる。私が気づかなかったとしても神は共にいて、助けの手を伸べてくださった。私も当然神をほめたたえる。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-24 08:42 | みことば

みことば日記

LB詩篇66:18 もし、私が罪を告白していなかったら、神様は祈りに答えてくださらなかったに違いありません。

★神様は私たちの声なき声も聞いてくださるし、何もかもわかっておられる。しかし、祈りに答える神様は過保護ではない。私たちのすべきことをしない時、答は出てこない。案外忘れているのが、この罪の告白だ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-23 08:57 | みことば

みことば日記

LB詩篇66:17 私は、この口で助けてくださいと叫び、この舌で神様をほめたたえてきた人間です。

★私も思い起こせばどれだけの助けを祈り求め、また賛美を歌ってきたことだろう。その数、時間が多いことは人生の大きな宝となるはずだ。これからもまた「助けて」と祈り、賛美もしていくだろう。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-08-22 09:11 | みことば