<   2007年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

みことば日記

LB詩篇119:28 私は悲しみのあまりすすり泣き、すっかり滅入ってしまいました。どうか、勇気づけ、奮い立たせるようなおことばをかけてください。

★人の言葉にでも勇気づけられることが多々ある。悲しみの時には何も語らなくてもそばにいてくれるだけでホッとできることもある。イエス様は私たちの真の友になってくださっていることを忘れないようにしよう。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-30 10:45 | みことば

みことば日記

LB詩篇119:25 私は失望のあまり、ちりの中にはいつくばっています。 おことばによって、生き返らせてください。

★失望は生きる意欲を失わせる。神に失望したという話を聞くと心が痛む。神は希望を与える方だからだ。その方に失望するほどの思い。御言葉は人を生かす力に満ちている。もう少し、失望せず、御言葉に触れて欲しい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-30 10:43 | みことば

みことば日記

LB詩篇119:11 私はおことばを深く味わい、心にたくわえました。 それによって罪から引き離されるためです。

★神の言葉は罪から引き離す力を持つのだ。心にあるものが表に出てくる。よく噛んで食べた食物が体の糧となるように、御言葉を深く味わい、心の糧として蓄えたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-28 10:33 | みことば

みことば日記

LB詩篇119:9 どうしたら、若い人は身も心もきよく保つことができるでしょうか。 神様のおことばを読み、その規範に従うほかはありません。

★若い人に限ったことではないが、特に若い人は正しいことにも間違ったことにも突っ走りやすい。引き返すのが困難なほどに突っ走っては困る。スタート時点で真理を知っておきたいものだ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-27 07:53 | みことば

みことば日記

LB詩篇118:22-23 大工の捨てた石が、今では一番たいせつな土台石になっています。これこそ神様のなさることで、人の思いをはるかに越えています。

★これはイエス様に関する預言の一つだ。意味のない石と思って捨てられた石が無くてはならない土台石になったように、イエス様は殺されたがそれが不思議なご計画で、全ての人の救いになくてはならないものだった。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-26 07:59 | みことば

みことば日記

LB詩篇118:9 力ある王にかくまわれるより、神様の保護を受けるほうがよいのです。

★神より、お金や人、権力の方が力があると思っている人は少なくないだろう。それは現実にそれらのものの影響を強く受けているからだ。神の影響を強く受けるなら、神の保護だけを頼りにするものだ。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-25 07:52 | みことば

みことば日記

LB詩篇116:6 子供のように素直な心根の者を、お見捨てにはならないのです。私も、死の一歩手前で救われました。

★死の一歩手前。できればもっと手前で救って欲しいというのが、私たちの願いではないだろうか。神は決して見捨てない方だ。これは今までの人生でつかんだ真理だ。でも、決して子どものように素直な心ではないのだが。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-24 08:30 | みことば

みことば日記

LB詩篇116:2 身を乗り出して聞いてくださる神様に、私は生きている限り祈り続けます。

★私こそ身を乗り出して神に祈らねばならないのに、神の方が身を乗り出して聞いてくださるとは。感謝に絶えない。祈るぞー!いつも祈るぞ!祈り続けるぞ!
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-23 06:42 | みことば

みことば日記

LB詩篇112:9 彼は物惜しみしたりせず、貧しい人に気前よく与えます。 その善行は、いつまでも忘れられず、人々の尊敬を集めます。

★物惜しみしない、気前よい、人々に善行を行うというのは昔から願ってきた生き方だ。イエス様を与えてくださったほどの気前よい神様。感謝して惜しみなく献金したい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-22 12:52 | みことば

みことば日記

LB詩篇112:8 ですから、何事も恐れないで、冷静に敵の顔を見つめることができるのです。

★神を信じ切れば何事も恐れないでいられる。信じ切れる信仰をしっかりともちたい。冷静に敵の顔を見つめるどころか、荒々しく見てしまいそうだ。聖霊の愛に満たされて、敵のために祈るほどの者になりたい。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-09-21 08:19 | みことば