「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

みことば日記

LB箴言6:10-11 「もうちょっとだけ寝かせてくれよ」と頼みますが、その「ちょっと」が曲者なのです。のんびり眠っている間に貧乏神に取りつかれ、気がついた時には手遅れです。

★ゆとりはとても大切なことだが、なまけは問題だ。この違いを正しく理解しておきたい。「ちょっと」この言葉で成功したり、失敗したりするものらしい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-31 09:59 | みことば

みことば日記

LB箴言6:1 やたらに見ず知らずの人の保証人になってはいけません。その借金の肩
代わりをするはめになったら、どうするのです。

★見ず知らずの人の保証人になることはまず無いだろう。でも保証人になって苦しんだ人はたくさんいる。人間の作り出したお金が人を支配するのはおかしな話だ。人間関係をお金でつくるのではなく、神の愛を元につくりたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-30 08:28 | みことば

みことば日記

LB箴言5:15 だから、自分の井戸の水を飲みなさい。生涯、妻を裏切ってはいけません。

★この章では売春、不倫をきつく禁じている。それは身の破滅を招くからだ。伴侶を大切にすることは聖書の一貫した教えだ。それはイエス様が私たちを大切に思っておられることと同じだからだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-29 09:35 | みことば

みことば日記

LB箴言4:27 横道にそれてはいけません。危険だとわかったら、一目散に引き返しなさい。

★引き返せる範囲がある。それを越えると引き返すのがとても難しくなる。身体的危険ももちろんだが、心的な危険、霊的な危険を感じたらすばやく引き返さねばならない。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-28 09:19 | みことば

みことば日記

LB箴言4:14-15 悪人のまねをしてはいけません。連中のたまり場には近寄らず、避けて通りなさい。

★子どもはまねをして成長する。悪者のまねをすれば悪者になる。すぐに悪者になることは少ない。たまり場に近づき、だんだん入り込んでしまうのだ。悪はどんな悪も避けよう!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-27 07:39 | みことば

みことば日記

LB箴言4:11 正しい生活をするのが、いちばん賢い生き方です。このたいせつな真理を、しっかり勉強しなさい。

★正しい生活をするのが当たり前のことなのだ。ところが、いつしかそうでない生き方に慣らされることがある。それが続くと正しいことさえわからなくなる。真理を学び続けよう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-26 07:44 | みことば

みことば日記

LB箴言4:7 知恵のある人になるには、まず賢くなろうと決心することです。こうして、知恵と物事を正しく判断できる力とが身につくのです。

★意欲のないところでは結果も良くない。ビジョンがなければ人生は虚しい。神の知恵に満たされたいという熱い思いを持って、正しいことを考える力をいただこう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-25 08:44 | みことば

みことば日記

LB箴言3:29-30 あなたを信じきっている隣人を陥れてはいけません。どうでもいいようなことで争うのはやめなさい。

★神は信じる私を裏切ることがない。私も人を裏切らないようにしたい。争いは元々好きではないし、あまりしたこともない。でも、思い返せば、どうでもよいようなことでウダウダ思ったことは多々ある。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-24 10:22 | みことば

みことば日記

LB箴言3:27-28人に何か頼まれたら、すぐにしてやりなさい。「いつかそのうち」などと、あとに延ばしてはいけません。

★後回しにしたい気持ちに駆られることがある。後に回してもいつかしなければならないし、時を逃すと悔いることがある。人のことでもすぐにすべきなら、神に頼まれたら、もっと早くすべきではないか。
(出張のため23日まで休みます)
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-21 08:12 | みことば

みことば日記

LB箴言3:11-12神様に懲らしめられても、腹を立ててはいけません。あなたを愛していればこそ、そうなさるのです。父親がかわいい子供の将来を思って罰するのと同じです。

★神の懲らしめは「愛」からであることを知っていても、その時には文句も出やすい。大波が去ってから「神の愛だった」と思うものだ。辛い時に「神の愛」を感じられるまでに成長したい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2007-10-20 21:01 | みことば