<   2008年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

みことば日記

LBローマ10:17 しかし、信仰は、このキリスト様の良い知らせに耳を傾けることから、始まるのです。

★聞かなければ信じることができない。福音を聞くことから信仰は始まるのだ。福音を聞いた人は幸いだし、その福音を信じた人は救われる。その福音を伝えた人を神は喜ばれる。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-31 07:35 | みことば

みことば日記

LBローマ10:16 しかし、この良い知らせを耳にした人がみな、喜んで受け入れたわけではありません。預言者イザヤが、「主よ。彼らに語った時、だれが、私のことばを信じましたか」と言っているとおりです。

★いくらすばらしい救いの言葉、イエス様であっても誰もが簡単に信じることはしない。喜ぶわけでもない。文句を言う人も多いし、反発する人も多い。それでもいつか信じてくれるためには語っておく必要がある。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-30 09:11 | みことば

みことば日記

LBローマ10:15 また、だれかが遣わさなければ、どうして人々のところへ出かけて教える人が出るでしょうか。旧約聖書に、「神との平和を宣べ伝え、良い知らせをもたらす人の足は、なんとうるわしいことか」とあるのは、まさにこのことです。つまり、神様の良い知らせを伝える人は、なんと歓迎されることか、というのです。

★信じるためには、伝えなくてはならない。その伝える人は神様の喜びなのだ。牧師のことを言っているのではない。職場で学校で隣の人に語るのはあなただ!
(明日の御言葉日記は休みます)
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-28 07:50 | みことば

みことば日記

LBローマ10:14 しかし、主を信じていなければ、どうして主に、「救ってください」と求めるでしょうか。また、主のことを一度も聞いたことがなければ、どうして主を信じることができるでしょうか。だれかが教えてくれなければ、どうして主のことを聞けるでしょうか。

★シンプルな救いであっても聞いたことが無ければ信じることもできない。イエス様を伝える人がなければ救われないのだ。今日、イエス様を伝えなくては!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-27 07:51 | みことば

みことば日記

LBローマ10:13 主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。

★とてもシンプルな御言葉。主の御名を呼び求めれば誰でも救われるのだ。このシンプルさのようにイエス様の救いはシンプル。何かをしなければ救われないのではない。ただ、信じること、それだけだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-27 07:50 | みことば

みことば日記

LBローマ10:11 聖書は私たちに、「キリスト様を信じる者は、決して失望させられることがない」と教えています。

★失望している人の大変多い時代ではないか。それは何に望みを置いているのだろう。政治、教育・。望みはイエス様に置かねばならない。イエス様は失望とはかけ離れた方なのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-27 07:43 | みことば

みことば日記

LBローマ10:10 人は、心で信じることによって、神様から正しい者とされ、その信仰を自分の口で告白することによって、救いを確実なものとするからです。

★洗礼を受けたら救われるとか、教会に来ていれば救われるとか、勘違いしている人が時々ある。救いはイエス様を信じることだけで与えられる。それを黙っていてはならない。信じたことを告白し、洗礼を受けることはとても大事な事だ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-24 12:33 | みことば

みことば日記

LBローマ10:9 なぜなら、もし自分の口で「イエス・キリストは私の主です」と告白し、自分の心で、神様はイエス・キリストを死人の中から復活させてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。

★イエス様を自分の主と告白することは決して自分の思いだけではない。聖霊が働き、知識を超えた信仰をくださって「信じます」のひとことが出てくる。しかし、そのひとことを発するのはやはり自分の意志であることも事実。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-23 08:17 | みことば

みことば日記

LBローマ10:1 愛する皆さん。私が心から願い、祈り求めているのは、ユダヤ人が救われることです。

★ユダヤ人であるパウロが願ったのは同胞ユダヤ人の救いだ。私は彼のように日本人の救いを祈り求めているか、今一度考えさせられた。家族や、教会員の家族の救いを祈るように、同胞日本人の救いをもっと祈り求めたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-23 08:16 | みことば

みことば日記

LBローマ8:38 神様の愛から私たちを引き離せるものは何一つない、と確信しています。死にもいのちにも、そんなことはできません。御使いにもできません。地獄の全勢力を結集しても、神様の愛から遠ざけることはできません。今日の恐れも、明日の不安も同様です。

★神に愛されている。そして神を愛している。この関係を壊そうとする力があるが、私たちが望みさえすれば、この関係を切る力を持っているものは無い。恐れも不安もイエス様によって取り除かれる。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-07-23 08:15 | みことば