<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

みことば日記

LBⅡコリ4:17 今の私たちの苦しみや悩みは、結局のところ、取るに足りないものであり、それほど長続きもしません。しかも、このつかの間の苦しみは、永遠に尽きない、あふれるばかりの、神様の祝福をもたらすのです。

★どうしても人間は今、見えるものに意識が行く。仕方のないことだが、見えないものの方が多いし、そちらの方がもっと大事な事を忘れてはならない。溢れるばかりの祝福が与えられるところなのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-31 06:52 | みことば

みことば日記

LBⅡコリ4:16 ですから、私たちは決して落胆しません。肉体はしだいに衰えますが、うちにある力は日ごとに強くなってゆきます。

★落胆しない生き方をしたい。この世では落胆させられることが多すぎる。年をとっていくと肉体の衰えに落胆する人もいる。しかし、人間にとって大事なのはこの地上で生きている間に内なる人をどれほど強くするかなのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-31 06:51 | みことば

みことば日記

LBⅡコリ4:9 迫害されていても、神様は決してお見捨てになりません。打ち倒されても、また立ち上がって、前進を続けます。

★神様に見捨てられた体験を持つ人はいない。見捨てられたと思い込んでいる人はたくさんいる。しかし、絶対に神様は見捨てないお方なのだ。だからたくさんの迫害を受けたパウロも立ち上がって、前進すると言えるのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-29 08:08 | みことば

みことば日記

LBⅡコリ4:8 私たちは四方八方から苦しめられ、圧迫されますが、押しつぶされ、打ちのめされることはありません。「どうしてこんなことが……」と途方にくれるようなことが起きても、絶望して投げ出したりはしません。

★この世に生きる限り苦しみや悲しみや辛いことはたくさんある。その方にだけ目が向くと生きていても楽しくない。パウロが絶望しないと言えるのは、信じているイエス様を見上げることから始まるのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-29 08:07 | みことば

みことば日記

LBⅠコリ16:14 すべての点で、親切と愛から出た行動をとりなさい。

★自分の行動に考えさせられる時がある。自分のために、自分かわいさでしていることが多すぎないか。他の人に対する親切と愛から出てくる行動となりたい。イエス様が私にしてくださった親切と愛を思い起こして過ごしたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-27 07:40 | みことば

みことば日記

LBⅠコリ16:13 目を覚まして、霊的な危険に身構えていなさい。いつも、主に忠実でありなさい。男らしく行動し、強くありなさい。

★肉の目を大きく見開いても見えないもの、見抜けないものがある。霊的なことは霊の目を開かないと見えない。目を覚まさねばならない。そして、見えたなら主に忠実に歩む勇気を持ちたいものだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-27 07:39 | みことば

みことば日記

LBⅠコリ15:6 そしてある時には、五百人以上のクリスチャンの前にも、姿をお見せになったのです。その中の何人かはもう死にましたが、大部分は今も健在です。

★復活体のイエス様と会った人は500人以上もいた。でも当時の人々全員に会ってくださればみんな信じたのではないのか?という思いも出てくる。しかし、信仰は見て信じさせられることで得るものではなさそうだ!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-25 08:03 | みことば

みことば日記

LBⅠコリ14:12 あなたがたは、聖霊様が下さる特別の賜物を、熱心に求めているのですから、教会全体の益となるような、最善のものを求めなさい。

★教会を見ていると欲しい賜物が見えてくる。私も欲しいが、教会のみんながそれぞれに賜物をいただくことをもっと願う。一人がたくさん持つよりも、少しずつでもみんなが持っていて、それを組み合わせたらどんなにすばらしいだろう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-24 07:12 | みことば

みことば日記

LBⅠコリ13:13 いつまでも残るものが三つあります。信仰と希望と愛です。 その中で一番すぐれたものは愛です。

★いつまでも残るものに一番心を注ぎたいし、そのために励んでいきたい。改めて「信仰」「希望」「愛」を意識したい。特に「愛」を意識したい。神様と人とを愛しているだろうか!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-23 07:47 | みことば

みことば日記

LBⅠコリ3:6 私の仕事は、あなたがたの心に種をまくことでした。アポロの仕事は、それに水をやることでした。しかし、あなたがたの心の中でそれを生長させたのは神様であり、私たちではありません。

★種をまく仕事が無くては芽が出ない。種をまいても水がなければ芽が出ない。この働きのために私たちも召されている。でも、種に命を与えたのは神様であり、それぞれの姿に成長するのも神様の力だ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-08-22 09:35 | みことば