「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

みことば日記

LBピリピ4:6 何事も心配してはなりません。むしろ、どんなことでも祈りなさい。神様にお願いしなさい。そして、祈りに答えてくださる神様に感謝するのを、忘れてはなりません。

★心配性の私にはきつい言葉だ。「心配しないようにしよう」と言い聞かせることは多々あるが。でも、祈ることはできる。いや、心配性だから返って祈るのかも知れない。感謝が少ないかも知れないと反省も多いが。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-31 08:26 | みことば

みことば日記

LBピリピ4:4 いつも、主にあって喜びに満たされていなさい。もう一度言います。喜びなさい。

★喜ぶというのは喜べる材料があってのこと。世の中にその材料を見つけようとすればそれには限界があり、裏切りもあるだろう。しかし、イエス様は無限で裏切りもない。この主にあって喜びに満たされることが願いなのだ。喜びの材料はイエス様にある。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-30 08:16 | みことば

みことば日記

LBピリピ3:13-14 愛する皆さん。私は、まだその目標に達してはいません。ただこの一事に、全力を注いでいます。すなわち、過去に執着せず、前にあるものを望み見、ゴールに到着してほうびを得るために、一生懸命努力しているのです。このほうびを与えようと、神様は、私たちを天へと召しておられます。それは、キリスト・イエスが成し遂げてくださったことに基づくのです。

★私もパウロと一緒に走りたい!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-29 08:01 | みことば

みことば日記

LBピリピ3:12 なにも、自分が完全な人間だ、などと主張するつもりはありません。学ぶべきことも、まだたくさん残っています。ただ、キリスト様が何のために救ってくださったかを知り、私に与えられている目標に到達する日を目指して、努力しているのです。

★パウロほどの人間でも完全はない。完全はイエス様だけ。誰にしても一生が信仰の学びだ。イエス様という目標はあまりにも高すぎるが、それに向かう努力は失望には終わらない。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-28 08:15 | みことば

みことば日記

LBピリピ3:10 私は今、ほかのことはいっさい考えず、ただこのことだけを求めています。つまり、真にキリスト様を知ること、キリスト様を復活させた超自然的な力を、身をもって体験すること、そして、キリスト様と共に苦しみ、また死ぬとは、どういうことかを知ることです。

★大事な事は色々あるが、キリストだけを求めることは何にも増して大事な事。身をもって体験していきたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-27 08:43 | みことば

みことば日記

LBピリピ2:6-8 キリスト様は神様なのに、神様としての権利を要求したり、それに執着したりはなさいませんでした。かえって、その偉大な力と栄光を捨てて、奴隷の姿をとり、人間と同じになられました。そればかりか、さらに自分を低くし、まさに犯罪人同様、十字架上で死なれたのです。

★イエス様のへりくだった姿が書かれている箇所だ。神が人間の姿をとってくるなどというあり得ないことをしてくださった。それは私たちをとことん愛しているからだ!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-26 07:22 | みことば

みことば日記

LBピリピ2:3-5 自己中心的になったり、見栄を張ったりしてはいけません。謙そんになって、他の人を自分よりもすぐれた者とみなしなさい。身の回りのことばかりに、とらわれるのではなく、他人にも目を向け、その行動にも関心を持ちなさい。私たちに対するキリスト・イエスの態度を、見ならいなさい。

★自己中心自体が「罪」だ。最高に謙遜になって歩まれたイエス様を見習うのが一番だ。イエス様は他の人の言葉に左右されなかったが、他の人のことを真剣に見、耳を傾け、関心を持っておられた。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-25 07:40 | みことば

みことば日記

LBピリピ2:2 もしそうなら、互いに愛し合い、心からうちとけ合い、心と思いと目的とを一つにして共に働き、私を心から喜ばせてください。

★パウロを喜ばすと言うより、私たちにとってはイエス様に喜んでいただくことになる。イエス様の願いは私たちが互いに愛し合い、一つとなって主のために働くことだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-24 07:29 | みことば

みことば日記

LBピリピ2:1 あなたがたの間には、クリスチャンとして互いに励まし合う気持ちが、少しでもありますか。私を助けたいと思うほどの愛がありますか。私たちは同じ御霊様を共にいただいており、主にあって互いに兄弟であるということの、ほんとうの意味がわかっているでしょうか。やさしい心と思いやりが、少しでもあるでしょうか。

★互いに励まし合う気持ちを持っている!優しい心と思いやりを問われると「あります」と自信を持って言えない。その気持ちはあるのだが・本当に罪深い自分だ。聖霊に満たされていたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-23 07:41 | みことば

みことば日記

LBピリピ1:20 というのも、私は、次のような熱心な期待と希望とをいだいて生きているからです。すなわち、自分で恥じるようなことは一つもせず、かえって、この試練の時も、今まで同様、常にキリスト様のために、大胆に語り、また、生きるにしても、死ぬにしても、いつもキリスト様のすばらしさを身をもって現わしたい、と思っているのです。

★試練の中にあっても、神の前に恥じることはしたくない。生きるにしても、死ぬにしてもだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2008-10-22 07:35 | みことば