<   2009年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

みことば日記

LB1ヨハネ1:8-9 もし、自分には罪がないと言いはるなら、それは、自分をだましているのであって、真理を受け入れようとしない証拠です。しかし、もし自らの罪を神様に告白するなら、神様はまちがいなくそれを赦し、すべての悪からきよめてくださいます。〔なぜなら、キリスト様は、私たちの罪を帳消しにするために、死んでくださったからです。〕

★自分には罪はないと思っている人がいるのだろうか?だとすれば、罪の概念を勘違いしているのだろう。また、罪の解決はないと思っている人がいるのだろうか?イエス様を知って欲しい!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-28 12:35 | みことば

みことば日記

LB1ヨハネ1:7 しかし、神様の光の中におられるキリスト様にならって、私たちも光の中で生活すれば、互いにすばらしい交際と喜びとを味わうことができます。そして、神の子イエス様の血が、私たちをすべての罪からきよめてくださるのです。

★暗闇のない生活。子どもたちは大人を見ている。光の部分だけでなく、闇の部分も。まず、大人がイエス様の血潮できよめられ、闇と決別すべきだろう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-27 07:40 | みことば

みことば日記

LB1ヨハネ1:5-6 神様は光であり、少しも暗い部分がありません。これが、神様から私たちにゆだねられた、あなたがたへの教えです。神様の友だと言いながら、霊の暗やみと罪にはまり込んで生活しているなら、私たちは、うそをついているのです。

★神様は光!自分の中に闇の部分があることが悲しくなるが、光は闇を追い出す。本当にイエス様と友となり、光に照らされた人生を歩みたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-26 11:18 | みことば

みことば日記

LB2ペテロ1:3 キリスト様を知れば知るほど、その偉大な力を通して、神様に従う正しい生活を送るために必要なすべてのものが、いただけるのです。そればかりか、キリスト様は、自分の栄光と、みがかれた品性をも、私たちに与えてくださるのです。

★正しい生活を送りたい。磨きのかかった品性も欲しい。それら全てがイエス様のところにある。イエス様をよく知るということは自分の生き方を大きく変えるのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-25 22:12 | みことば

みことば日記

LB2ペテロ1:2 あなたがたも、神様のいつくしみと平安とを、もっとたくさんいただきたいと願うでしょう。それなら、もっと深くイエス・キリストについて学びなさい。

★イエス様がどういうお方なのか十分知らないでは求めることもできない。イエス様は愛で満ちておられる。その愛をはたしてどこまで知っているだろうか。もっともっと学んでいく必要があると思う。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-24 08:45 | みことば

みことば日記

LB1ペテロ4:8 何よりも大切なことは、どんな時にも、深く愛し合うことです。愛は、多くの欠点を補うからです。

★愛がどんなに大切か、多くの人は頭ではわかっている。しかし、愛を自分の感情から発するものと勘違いしている人が多い。それは真の愛から影響されて出てくるものだが、真の愛は神様から来る。私たちの欠点を補ってくださったイエス様から来る。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-23 08:24 | みことば

みことば日記

LB1ペテロ3:8 さて、あなたがた一同に言っておきます。お互いに家族の一員として、心から思いやりなさい。やさしい心と、謙そんな思いで愛し合いなさい。

★家族だから気楽さがあり、ひどい言葉も口に出しやすい。しかし、案外家族の言葉で傷ついている人が多いのだ。家族にも謙遜な心で接することが必要なのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-22 07:45 | みことば

みことば日記

LB1ペテロ3:7 同様に、夫も、妻を心にかけてやりなさい。いつも妻の気持ちを察し、女が男よりも弱い者であることを意識して、いたわってやりなさい。神様の祝福は、妻と共に受け継ぐべきものだと心得なさい。もし妻に対する態度が誤っていれば、あなたがたの祈りは、むなしくなってしまいます。

★妻の気持ちを察することの何と難しいことか!いや、人の気持ちを理解するとか、察するというのはなかなかできない。でも、愛をもって祈ることはそれに近づくことだと思う。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-21 10:31 | みことば

みことば日記

LB1ペテロ3:6 たとえばサラは、夫アブラハムを一家の主人として尊敬し、従いました。このサラに見ならいなさい。そうすれば、サラの信仰を受け継ぎ、正しい行ないをすることになるのです。これで、夫のきげんを損ねる心配もなくなるでしょう。

★人を尊敬する。これには自己卑下ではない、謙遜な心が要求される。職場においても、家庭においても、学校においても、尊敬すべき人がたくさんいる。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-20 08:02 | みことば

みことば日記

LB1ペテロ3:4-5 むしろ、やさしく、おだやかな心の持ち主となり、いつまでも色あせのしない魅力で、内面を美しく飾りなさい。これこそ、神様の目に価値あるものです。このように崇高な美しさを、昔の敬虔な婦人たちは身につけていました。心から神様を信じ、夫に歩調を合わせていたのです。

★外面にこだわりやすいこの時代。子どもたちの中にも貧しいことを悪のように思う子がいる。聖書は貧しいものは幸いと言う。内面の美しさを追求する心を持ちたい。育てたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-01-19 08:12 | みことば