「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

みことば日記

ヨシュア7:11 イスラエルは罪を犯した。現に、彼らは、わたしが彼らに命じたわたしの契約を破り、聖絶のものの中から取り、盗み、偽って、それを自分たちのものの中に入れさえした。

★ヨシュアはアイの戦いで痛手を負った理由がわからなくて神様に聞き、この言葉を受けた。神様の命令を破り、盗みをした。注意が必要だ。私たちは十分の一献金等に関しても神様の前に盗みをしていないだろうか?
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-30 10:02 | みことば

みことば日記

ヨシュア7:1 しかしイスラエルの子らは、聖絶のもののことで不信の罪を犯し、ユダ部族のゼラフの子ザブディの子であるカルミの子アカンが、聖絶のもののいくらかを取った。そこで、【主】の怒りはイスラエル人に向かって燃え上がった。

★神様の言葉に従うことで勝利を得たことを誰もが知っていたのに、金品に対する誘惑は大きいものだ。アカンは神様の言葉をないがしろにした。その個人的な出来事でイスラエル全体に神様の怒りを受けることになった。アダムの罪がすべての人に及んだように。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-30 10:01 | みことば

みことば日記

ヨシュア6:20 そこで、民はときの声をあげ、祭司たちは角笛を吹き鳴らした。民が角笛の音を聞いて、大声でときの声をあげるや、城壁がくずれ落ちた。そこで民はひとり残らず、まっすぐ町へ上って行き、その町を攻め取った。

★人為的な何かで城壁が崩れたのではない。神様に言われたとおり毎日城壁の周りを回って、角笛を吹いた。その信仰の行動に神様は答を出された。状況は違っても、私たちの目の前の大きな壁が崩れるのも信仰としては同じだ。神様の言葉に聞き従おう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-28 07:51 | みことば

みことば日記

ヨシュア6:3 あなたがた戦士はすべて、町のまわりを回れ。町の周囲を一度回り、六日、そのようにせよ。

★戦いの方法が示された。それは町の周りを歩くだけ。首をかしげたくなる方法だ。神様の方法はよくこういうことがある。神様の言葉に従うことを願ってそうされる。神様の言葉に従うことが勝利の秘訣なのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-28 07:50 | みことば

みことば日記

ヨシュア6:2 【主】はヨシュアに仰せられた。「見よ。わたしはエリコとその王、および勇士たちを、あなたの手に渡した。

★固く閉ざされたエリコの城門。堅固な城壁。常識的には勝ち取ることができない。しかし、神様は戦う前からその勝利を宣言してくださった。人の固く閉ざされた城門も決してそのままであることは無い。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-26 09:38 | みことば

みことば日記

ヨシュア6:1 エリコは、イスラエル人の前に、城門を堅く閉ざして、だれひとり出入りする者がなかった。

★かつての自分の心を象徴しているかのような言葉だ。神様の民が来るのに受け入れようとせず、むしろ追い出そうとしているエリコ。私の心も神様の光を見るまで心の城門は閉じられ、受け入れようとしなかった。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-25 08:33 | みことば

みことば日記

ヨシュア5:14 すると彼は言った。「いや、わたしは【主】の軍の将として、今、来たのだ。」そこで、ヨシュアは顔を地につけて伏し拝み、彼に言った。「わが主は、何をそのしもべに告げられるのですか。」

★ヨシュアの前に立ったその人は敵でも味方でもない。主の軍の将である。私たちは自分に味方してくれる人にひれ伏しやすいが、ヨシュアのように敵とか味方とかでなく、主に対してのみひれ伏すべきなのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-24 08:14 | みことば

みことば日記

ヨシュア5:13 さて、ヨシュアがエリコの近くにいたとき、彼が目を上げて見ると、見よ、ひとりの人が抜き身の剣を手に持って、彼の前方に立っていた。ヨシュアはその人のところへ行って、言った。「あなたは、私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」

★目の前にエリコの城壁が近づいた。ヨシュアにしてもこの戦いは勇気を奮い起こさねばならなかった。そこに一人の人が現れたのだ。しかもただ者ではなさそうな!敵か味方が気になる。私たちも人を見た時、敵か見方か気になることがあるのではないか?
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-24 08:13 | みことば

みことば日記

ヨシュア5:12 彼らがその地の産物を食べた翌日から、マナの降ることはやみ、イスラエル人には、もうマナはなかった。それで、彼らはその年のうちにカナンの地で収穫した物を食べた。

★40年間マナを食べてきた彼らにとって、マナはごく当たり前の食べ物になっていたかも知れない。きっとカナンの地の食べ物を食べた時に感動したと同時に、今までのマナに感動したのではないか?私たちも普段神様からいただいている色々なものに慣れてしまって、感謝が薄れているのではないか!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-24 08:11 | みことば

みことば日記

ヨシュア4:18 【主】の契約の箱をかつぐ祭司たちが、ヨルダン川の真ん中から上がって来て、祭司たちの足の裏が、かわいた地に上がったとき、ヨルダン川の水はもとの所に返って、以前のように、その岸いっぱいになった。

★モーセ率いるイスラエルが分かれた海を渡った後、海は元に戻りエジプト軍を飲み尽くした。今度は飲み尽くすものは無かったが、これから始まる闘いに神様が敵を飲み尽くすことを示してくださったように思える。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-04-21 08:55 | みことば