「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】
共同箴言3:12 待ち続けるだけでは心が病む。かなえられた望みは命の木。

★本当にそうだ!待っているだけでは心がなえる。神様に願っても、祈っても、待ち続けるだけでなかなか得られないことがある。しかし、全能の神様に祈る祈りは「聞かれている」という確信が「かなえて欲しい!」という思いを超えて平安を与える。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-30 07:53 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同箴言10:22 人間を豊かにするのは主の祝福である。人間が苦労しても何も加えることはできない。

★この大宇宙の中の小さな地球。そこに住むもっと小さな私たち。その労苦がこの宇宙にどんな影響を与えることができるだろう。この大宇宙を造られた神様は私たちにも大影響を与えることができる。神様から裁きではなく祝福をいただきたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-29 07:33 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同箴言10:16 神に従う人の収入は生活を支えるため 神に逆らう者の稼ぎは罪のため。

★お金に支配されている人が多い。同じように稼いでも、身につかない人がある。使い方に問題があるのだろう。それは同時に動機に問題があるのだ。稼ぎを神様に感謝しているだろうか!感謝して献金をしているだろうか!神に従うからこそ、家計は祝されるのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-28 08:30 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同箴言10:12 憎しみはいさかいを引き起こす。愛はすべての罪を覆う。

★願っても無いのに憎しみや毛嫌い、見下すなどの気持ちが出てくる。罪人というのはこういう点で辛いものだ。この世に生きる限りはいくらかでもこうした罪を持ちつづけるのだが、イエス様からいただいた新しい愛があることを忘れてはならない。イエス様の愛は私の罪さえ覆うのだから。
(御言葉日記を水曜日まで休みます)
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-25 07:32 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同詩篇127:1 【都に上る歌。ソロモンの詩。】主御自身が建ててくださるのでなければ 家を建てる人の労苦はむなしい。主御自身が守ってくださるのでなければ 町を守る人が目覚めているのもむなしい。

★どんなに立派な家を建てても、すごい仕事をしても、天下に名を上げても、そこにイエス様がおられないなら本当にむなしい。この地上の色々な文明が地中に埋められてきた。イエス様のいない文明はむなしい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-24 12:27 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同詩篇126:5-6 涙と共に種を蒔く人は 喜びの歌と共に刈り入れる。種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は 束ねた穂を背負い 喜びの歌をうたいながら帰ってくる。

★涙と共に種を蒔いている人がたくさんいる。しかし、どの人もすばらしい束をかかえることになる。涙が喜びの歌になる。神様の言葉にはそういう力があるのだ。イエス様と共に御言葉の種蒔きをしたい!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-23 08:07 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同詩篇121:3-4 どうか、主があなたを助けて 足がよろめかないようにし まどろむことなく見守ってくださるように。見よ、イスラエルを見守る方は まどろむことなく、眠ることもない。

★神様は眠ることが無い。なぜなら1秒たりとも私たちから目をそらせないためだ。私たちはいつも見守られている。私たちも神様から1秒たりとも目を離さないようにしたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-22 08:02 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同詩篇121:1-2 【都に上る歌。】目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。わたしの助けは来る 天地を造られた主のもとから。

★この有名な詩篇によってどれほど多くの人が励まされただろう。誰もが苦しい時を味わうものだ。地上のどこにも助けが無い。地上から目を上に向けて、神様の助けに気付く。私たちの本当の助けは天から来るのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-21 07:59 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同詩篇119:14 どのような財宝よりも あなたの定めに従う道を喜びとしますように。

★お金は大切で軽んじてはならないが、お金に心奪われてはならない。お金に喜びを感じるよりも、神様に従うことを喜びとしたい。事実、神様に従う時不思議なまでの喜びや感謝がある。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-20 07:06 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同詩篇119:9 どのようにして、若者は 歩む道を清めるべきでしょうか。あなたの御言葉どおりに道を保つことです。

★清められた道をあゆむのと、歩む道を清めるのとでは大きな差があるように思う。この世の中は若者が歩むにも汚れている道が多すぎる。そのまま歩んだのではその汚れに埋没するしかないだろう。しかし、御言葉は彼らの道を清めることができる。何も若者だけではない。私の道も日々御言葉によって清めていただこう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2009-10-19 08:07 | みことば