<   2010年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ23:44 既に昼の十二時ごろであった。全地は暗くなり、それが三時まで続いた。太陽は光を失っていた。神殿の垂れ幕が真ん中から裂けた。

★世界の光としてお出でになったイエス様が死ぬ。全地が暗くなったように世界は光を失った。しかし、神様の大きなご計画は光を無くしたままで終わりはしない。神様と人とを隔てていた神殿の幕が真っ二つになったように、イエス様の死は神様と人との隔てを取り除いたのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-30 08:13 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ23:23 ところが人々は、イエスを十字架につけるようにあくまでも大声で要求し続けた。その声はますます強くなった。そこで、ピラトは彼らの要求をいれる決定を下した。

★ピラトがイエス様に罪を認めなかったのに、群衆の声は勝った。ピラトは正しい人を殺すことを許してしまったのだ。正義も悪の大きな声には勝てないのか。それは人間の罪であって、イエス様は復活をもって正しさを証明された。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-29 08:13 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ23:18 しかし、人々は一斉に、「その男を殺せ。バラバを釈放しろ」と叫んだ。 このバラバは、都に起こった暴動と殺人のかどで投獄されていたのである。

★罪がないと宣言されても、人間のねたみやそそのかしの恐ろしさ。罪人バラバを釈放してでも「イエスを殺せ!」と叫ぶ。ここに私たち人間の罪を見る。自分を正しいとして、神様さえも悪人に仕立てるのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-28 07:08 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ23:13-14 ピラトは、祭司長たちと議員たちと民衆とを呼び集めて、言った。「あなたたちは、この男を民衆を惑わす者としてわたしのところに連れて来た。わたしはあなたたちの前で取り調べたが、訴えているような犯罪はこの男には何も見つからなかった。

★ピラトはローマの法に則って判決を言い渡す。「罪無し」と。イエス様は神様の目にも人の目にも罪は無かったのだ。人が神を裁くとは何とも不思議な話だが、それを敢えて受けられたイエス様。やはり罪は無かった。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-27 07:10 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ23:11-12 ヘロデも自分の兵士たちと一緒にイエスをあざけり、侮辱したあげく、派手な衣を着せてピラトに送り返した。この日、ヘロデとピラトは仲がよくなった。それまでは互いに敵対していたのである。

★自分の思うような奇跡を行わないイエス様に腹を立てあざけってピラトに送り返したヘロデ。ピラトとヘロデは仲が良くなかったが、このことで仲良くなったという。悪事で仲良くなってもそれは天国につながるものでは無い。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-26 07:44 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ23:8 彼(ヘロデ)はイエスを見ると、非常に喜んだ。というのは、イエスのうわさを聞いて、ずっと以前から会いたいと思っていたし、イエスが何かしるしを行うのを見たいと望んでいたからである。

★裁判の席でピラトはイエス様に罪を見いだせず、ヘロデに送った。ヘロデは噂に聞いたイエス様に会って喜んだ。その喜びは救い主イエス様に会った喜びではなく、奇跡を起こす人イエスに会った喜びに過ぎなかった。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-25 07:11 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ22:32 しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。

★私も教会を離れたことのある、信仰が無くならないようにと祈ってもらった一人だ。今、私は『信仰が無くならないように』と祈っている人達がいる。立ち直った時、彼らは必ず多くの人の励まし手となるはずだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-24 07:13 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ19:8 しかし、ザアカイは立ち上がって、主に言った。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します。」

★ザアカイの回心。悔い改め。聖さに触れると人は心を転換する。彼は自分にできる最大限の悔い改めを表現した。これによって彼の財産は相当無くなったはずだ。しかし、彼はお金なんかよりはるかに大事なものを得たのだ!
(水曜日まで休みます)
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-21 07:21 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ19:7 これを見た人たちは皆つぶやいた。「あの人は罪深い男のところに行って宿をとった。」

★イエス様が嫌われ者ザアカイの家に泊まるものだから人々はイエス様のことを悪く言った。しかし彼らの言葉は間違っていない。確かに罪深い男だから。しかし、こんなことを言う自分は罪深くないと思っているのだろうか?
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-20 10:02 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同ルカ19:6 ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた。

★とっても大事な言葉。急いで:イエス様の招きにはすぐに答えたいものだ。喜んで:「しぶしぶ」は誰の心にも不快感を与えるが「喜んで」は心を温かくする。迎えた:どんなにイエス様を勉強しても心に迎えないと真にわからない。喜んで心にお迎えしよう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2010-06-19 12:48 | みことば