<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】
創世記3:4 そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。

★これは悪魔がエバに語った言葉。今なら誰が考えてもわかる嘘だ。「こんな嘘に私はだまされない!」とどれだけ多くの人が言っただろう。しかし、「オレオレ詐欺」で膨大な金額がだまし取られている。
(研修会のため水曜日まで休みます)
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-28 10:51 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
創世記2:4-5 これは天と地が創造されたときの経緯である。神である【主】が地と天を造られたとき、地には、まだ一本の野の灌木もなく、まだ一本の野の草も芽を出していなかった。それは、神である【主】が地上に雨を降らせず、土地を耕す人もいなかったからである。

★植物は人間の創造の前に造られてはいるが、それは明らかに人間のためだった。広大な宇宙も、雨も、太陽も草花もすべては人間のためであった。神様は私を造る前から、私を愛されていたことが分かる。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-28 10:46 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
創世記1:3-4 神は仰せられた。「光があれ。」すると光があった。神は光を見て良しとされた。神は光とやみとを区別された。

★創世記の1章。聖書の最初から読むということで心が新たな感じになる。ここに有名な「光、あれ!」が出てくる。この言葉が発せられるまで全てが闇だったのだろう。私の人生も神様から「光、あれ!」と言っていただいたことで、闇は遠ざかった。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-26 09:48 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同Ⅰヨハネ3:5 あなたがたも知っているように、御子は罪を除くために現れました。御子には罪がありません。

★聖書はイエス様が罪の無い方、私たち人間とはこの点で違っていることをはっきり教えている。つまり、イエス様は神様なのだ。神様以外に私たちの罪を赦せる方は無い。イエス様は神様だから、私たちは安心できる。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-25 08:34 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同Ⅰヨハネ3:2 愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです。

★イエス様を信じれば「神の子」だが、よく言われる「赦された罪人」であり、罪を犯さなくなったわけではないし、天国を見たわけでもない。でも、その時が来ると罪の無い自分、天国にいる自分を見るのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-24 11:30 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同Ⅰヨハネ2:1-2 わたしの子たちよ、これらのことを書くのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。この方こそ、わたしたちの罪、いや、わたしたちの罪ばかりでなく、全世界の罪を償ういけにえです。

★ヨハネの願いはイエス様の願いであり、人が罪と切り離されること。たとえ罪を犯したとしてもイエス様の十字架の救いは今も有効。だからこそ、イエス様の十字架を心から感謝して生きていきたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-24 11:29 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同Ⅰペテロ5:10 しかし、あらゆる恵みの源である神、すなわち、キリスト・イエスを通してあなたがたを永遠の栄光へ招いてくださった神御自身が、しばらくの間苦しんだあなたがたを完全な者とし、強め、力づけ、揺らぐことがないようにしてくださいます。

★今、主にあって苦しんでいる人。安心しよう。私たちには「完全」は無いが、神様はそんな私たちを完全にする力をお持ちだ。このお方が「あなたを愛している」と聖書の至る所で語ってくださっている。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-24 11:28 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同Ⅰペテロ5:7 思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。神が、あなたがたのことを心にかけていてくださるからです。

★「神様に委ねます」とは何度も言ってきた言葉だが、本当に委ねたのは何回あるのだろう? 特に思い煩いは委ねたいのに抱え込むことが多いから注意だ。委ねることは、委ねる決断をすること。そして委ねる体験を重ねるしかない。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-21 08:35 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同Ⅰペテロ5:5 同じように、若い人たち、長老に従いなさい。皆互いに謙遜を身に着けなさい。なぜなら、「神は、高慢な者を敵とし、謙遜な者には恵みをお与えになる」からです。

★現代、高ぶりやすいのは若い人達だけではない。全ての人が謙遜を身につける必要がある。上辺の謙遜は自力でできるが、真の謙遜は聖霊に満ちないと得ることができない。真の謙遜は教会も家庭も平和にする。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-21 08:34 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
共同Ⅰペテロ5:2-3 あなたがたにゆだねられている、神の羊の群れを牧しなさい。強制されてではなく、神に従って、自ら進んで世話をしなさい。卑しい利得のためにではなく献身的にしなさい。ゆだねられている人々に対して、権威を振り回してもいけません。むしろ、群れの模範になりなさい。

★牧師に語られている言葉。そして、長年の信徒に語られている言葉。ドキッとする。私は模範になっているだろうか?なるように努力はしているつもりだが。私の模範になってくださった多くの方々を思い、大牧者イエス様を最高の模範としたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2011-02-21 08:33 | みことば