<   2012年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ30:21 あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから「これが道だ。これに歩め」と言うことばを聞く。

★人生にはどちらに向かっていって良いのか困ることが多々ある。神はそういう時に道を示してくださるお方だ。神の声を聞き逃さないようにしたいものだ。日々、聖書から御声を聞いて歩もう!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-21 08:27 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ30:18 それゆえ、【主】はあなたがたに恵もうと待っておられ、あなたがたをあわれもうと立ち上がられる。【主】は正義の神であるからだ。幸いなことよ。主を待ち望むすべての者は。

★私たちの方が「恵んでください」と願うが、実は神の方が「恵もうと待っておられ」るのだ。人間的な神で無い、正義の神とはそういうお方だ。私たちは神から恵まれる存在なのだ。恵まれていることをもっとしっかりと感じとりたい。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-19 08:14 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ25:9 その日、人は言う。「見よ。この方こそ、私たちが救いを待ち望んだ私たちの神。この方こそ、私たちが待ち望んだ【主】。その御救いを楽しみ喜ぼう。」

★イエス様こそ私たちの救い。私たちの神。救いは喜び楽しめるもの。救われた喜びをこの地上にあっても満ち溢れさせ、この地上にあっても喜び楽しめるのだ。日々、賛美と祈りを捧げよう!
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-18 07:30 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ25:8 永久に死を滅ぼされる。神である主はすべての顔から涙をぬぐい、ご自分の民へのそしりを全地の上から除かれる。【主】が語られたのだ。

★地上の別れもさみしいが、天で再会できないのは最大の悲しみだ。主を信じる者は皆天国で再会できる。こんな喜びは地上には無い。多くの人はイエス様を信じることをあざ笑うが、真の笑いは天国にある。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-17 07:46 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ25:4 あなたは弱っている者のとりで、貧しい者の悩みのときのとりで、あらしのときの避け所、暑さを避ける陰となられたからです。

★神は私たちの砦! 崩れることの無い堅固な砦。緊急時の避け所(避難場所)! 避け所が無いと嵐に飲まれてしまう。暑さを逃れる陰! 渇きからも守られる。今もこうした大変なことから守ってくださる神、砦、避け所だ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-16 09:58 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ9:6 ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。

★メシヤ預言。イエス様のすばらしさが何百年も前に預言されていた。こんなすばらしいお方が私の神だ。地上のどんな王も、権力者も持ち得ない力。永遠の愛の力をお持ちのお方が私の神だ。私の内に平和の君が君臨されますように。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-16 09:56 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ9:4 あなたが彼の重荷のくびきと、肩のむち、彼をしいたげる者の杖を、ミデヤンの日になされたように粉々に砕かれたからだ。

★肩が凝って首が回らなくなったことが何度もある。肩と腕を切り取りたいと思ったほどだ。整骨院でそれを取り除いていただいた時、肩の軽さに感謝した。これ以上に神は私の重荷を取り除くお方だ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-14 08:13 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ9:2 やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。

★クリスマスによく読まれるところ。現代も闇の中を歩んでいる人が何と多いことか。大きな慰めの御言葉だ。イエス様という大きな光は必ず照るからだ。今もなお、闇の中を歩んでいる友よ。共に御言葉の光を頼りに歩み続けよう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-14 08:12 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ9:1 しかし、苦しみのあった所に、やみがなくなる。先にはゼブルンの地とナフタリの地は、はずかしめを受けたが、後には海沿いの道、ヨルダン川のかなた、異邦人のガリラヤは光栄を受けた。

★苦しみ、闇は無駄にはならない。闇が深いほど次の光の輝きはすばらしく感じられる。試練を受けている友よ。互いに闇を光に変えてくださる神に信頼し続けよう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-12 08:43 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
イザヤ6:8 私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」

★イザヤの召命と献身の箇所。神は「行け!」とも言われるが、私たちの方から「私を遣わしてください」と言うのを待っておられる。それを言う力はイエス様の十字架による聖めをいただき、聖霊に押し出されることによって得る。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-03-11 13:54 | みことば