<   2012年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】
マタイ3:15 ところが、イエスは答えて言われた。「今はそうさせてもらいたい。このようにして、すべての正しいことを実行するのは、わたしたちにふさわしいのです。」そこで、ヨハネは承知した。

★イエス様がヨハネから洗礼を受けられる。ヨハネは断っている。イエス様には悔い改めるべき罪は無いからだ。しかし、イエス様は神の子というより、人を代表して正しいことをされている。今はそうさせてもらいたい、とあるように「時」を見分けたいものだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-31 08:16 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
マタイ1:20 彼がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。

★ヨセフがいいなずけマリヤに子どもができたことを知ってもすぐに神の子だとは理解できなかった。天使から教えられて理解する。聖書に度々出てくる「恐れないで」。理解しても人々の目を恐れるものだ。ヨセフの勇気は神の言葉から出ている。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-30 08:24 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
マタイ1:1 アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図。

★新約聖書の最初から系図なので日本人に聖書はなじめないと言う。私もそう思う。しかし、イエス様の実在をよく示していると思う。私の存在は私の先祖あってのことなのに、私は祖父母の名前は知っているが、そこから先はわからない。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-29 08:31 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
ハガイ2:9 この宮のこれから後の栄光は、先のものよりまさろう。万軍の【主】は仰せられる。わたしはまた、この所に平和を与える。──万軍の【主】の御告げ──」

★悔い改めて行動すると、神の守りと祝福を知ることができる。かつての栄光も、熱心な悔い改めの後の栄光とは比べものにならない。悔い改めるべき事を感じたら、臆せず悔い改めよう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-28 08:20 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
ハガイ2:4 しかし、ゼルバベルよ、今、強くあれ。エホツァダクの子、大祭司ヨシュアよ。強くあれ。この国のすべての民よ。強くあれ。仕事に取りかかれ。わたしがあなたがたとともにいるからだ。

★ここは主の御告げだ。どんな仕事に取りかかるのかというと、中断していた神殿再建だ。そのためには悔い改めに始まり、神に感謝して、勇気を出して取りかかる必要がある。しかし、神が共にいてくださるのだ。
==家内の父のためにお祈りくださりありがとうございます。一旦危機を脱しましたが、厳しい状態であることは変わりないようです。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-27 06:49 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
ハガイ1:6-7 あなたがたは、多くの種を蒔いたが少ししか取り入れず、食べたが飽き足らず、飲んだが酔えず、着物を着たが暖まらない。かせぐ者がかせいでも、穴のあいた袋に入れるだけだ。万軍の【主】はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。

★第一とすべき事を忘れて働いても虚しいものだ。大金持ちになった人が死ぬ間際「私は何も持たずに向こうに行く」と言ったそうだ。地上の人生、何を大事にすべきかよく考えよう。
==妻の父親が危篤状態になっています。お祈りいただけると幸いです。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-26 08:47 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
ハガイ1:4-5 この宮が廃墟となっているのに、あなたがただけが板張りの家に住むべき時であろうか。今、万軍の【主】はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。

★神殿再建にかかったものの中断している。その間に神殿に関する意識が下がり、人々の家の方が立派になった。「よく考えよ」と言う言葉が何度も出てくるハガイ書。何を第一にするのかをよく考えなくては。会堂主義では無い今日だからこそ、何を第一とすべきかよく考えよう。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-25 08:16 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
ゼパニヤ3:9 そのとき、わたしは、国々の民のくちびるを変えてきよくする。彼らはみな【主】の御名によって祈り、一つになって主に仕える。

★こんな嬉しい日が来るとは! 神が人の唇を変えてくださる。それは心を変えてくださること。イエス様の十字架は私たちの心を変える力であり、人生を変える力だ。主の御名によって祈れるようになると自分が、家庭が、世界が変わる。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-24 07:18 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
ミカ6:8 主はあなたに告げられた。人よ。何が良いことなのか。【主】は何をあなたに求めておられるのか。それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだってあなたの神とともに歩むことではないか。

★これだけ多様化した時代になると、常識も良識もたくさんになり、人の数だけになる。インドの神が人口よりも多いような現象だ。しかし、真に人間にとって正しいこと、幸せの道は単純で、この御言葉に書かれてある。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-24 07:17 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】
アモス7:14-15 アモスはアマツヤに答えて言った。「私は預言者ではなかった。預言者の仲間でもなかった。私は牧者であり、いちじく桑の木を栽培していた。ところが、【主】は群れを追っていた私をとり、【主】は私に仰せられた。『行って、わたしの民イスラエルに預言せよ』と。

★アモスの召命。彼は一般人であったが、神から預言するように召された。私たちも最初から牧師に召されている人はいない。人生のある時に神はその仕事場から召される。あるいは、その仕事場、学校で語るように召されるのだ。
†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2012-05-24 07:17 | みことば