<   2013年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/31
詩篇34:18 【主】は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、霊の砕かれた者を救われる。

★神との親しい交わりに必要なのは打ち砕かれた心、砕かれた霊のようだ。ところが自分の心は自分で砕くことができないほど堅い。頑固なようだ。人の意見さえ受け入れない。ましてや神の言葉を受け入れるのには聖霊によって打ち砕いていただくより他無いようだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-31 07:01 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/30
詩篇28:3 どうか、悪者どもや不法を行う者どもといっしょに、私をかたづけないでください。彼らは隣人と平和を語りながら、その心には悪があるのです。

★口では平和や良いことを語ってもその心は悪で満ちている人が多い。クリスチャンも神を信じると言いながら、信仰の生き方をしないなら同じかも知れない。二心無く、一心に神を信じていきたい。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-30 06:48 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/29
詩篇25:7 私の若い時の罪やそむきを覚えていないでください。あなたの恵みによって、私を覚えていてください。【主】よ。あなたのいつくしみのゆえに。

★若い時の失敗など思い出すと恥ずかしくなる。つまり、私も成長したということだ。あの時に迷惑をかけた人と出会っても、すんなり赦してくれたらホッとするだろう。神はイエス様の十字架ゆえに私の過去の罪を覚えておられない。感謝!

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-29 06:49 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/28
詩篇23:4 たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

★私はまだ死の陰の谷を歩いたことが無い。それでも、厳しい状況に追い込まれたことはある。そんな時も神は共にいてくださった。そして、私の進むべき道を教えてくださった。だから、死の陰の谷を歩くことになっても神は共にいてくださることが理解できる。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-28 06:50 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/27
詩篇22:24 まことに、主は悩む者の悩みをさげすむことなく、いとうことなく、御顔を隠されもしなかった。むしろ、彼が助けを叫び求めたとき、聞いてくださった。

★私が悩んだ時、必ず励ましがあった。悩みの多い者だから、多くの励ましをいただいた。「神はいない」という人がいるが、神の励ましがその人にもあると思う。神が悩む人を見捨てるはずが無いからだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-27 06:51 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/26
伝道者12:13 結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

★神を恐れ、神の言葉を守ること、これが大切だということは多くの人がわかっている。何がそこから人を離していくのか? しかし、これが人間にとって「すべて」なのだ。神の言葉から離れさせようとする誘惑は何か?

==
台風による被害が無いことを祈っています。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-26 06:52 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/25
伝道者12:1 あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。

★いつも思う。若い人が若いうちにイエス様を信じて、献身して歩んでくれたらと!!なぜなら、創造主を覚えると「何の喜びもない」と言わなくなるからだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-25 07:03 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/24
伝道者11:9 若い男よ。若いうちに楽しめ。若い日にあなたの心を喜ばせよ。あなたの心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め。しかし、これらすべての事において、あなたは神のさばきを受けることを知っておけ。

★楽しめと言われた後、厳しい言葉がある。私たちは自分で蒔いたものを刈り取ることになるのだ。信仰の先輩達の言葉を大事にして、聖書の言葉から離れないことだ。ただし、律法主義にならないこと!

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-24 06:58 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/23
伝道者11:2 あなたの受ける分を七人か八人に分けておけ。地上でどんなわざわいが起こるかあなたは知らないのだから。

★イエス様のたとえ話「悪賢いしもべ」の話を思い出す。この地上で得るものは本来すべてが神のものだ。それを自分のもののように思ってしまうところに問題がある。自分の手から離してみることで危機の時に得るものがあるはずだ。


†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-23 07:09 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/10/22
伝道者11:1 あなたのパンを水の上に投げよ。ずっと後の日になって、あなたはそれを見いだそう。

★自分のパンを投げるというのは捨てる行為であって、全く無駄としか思えない。普通のパンならそうだ。しかし、無駄と思える行為も「愛」によって為されると、不思議が起こるのだ。ずっと後に愛のパンの結果を見る。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-10-22 07:05 | みことば