<   2013年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/30
詩篇112:7 その人は悪い知らせを恐れず、【主】に信頼して、その心はゆるがない。

★悪い知らせにすぐに動揺してしまう私。神にすべて知られているのだから、確かに恐れる必要は無いのだが。神よ、揺るがない信頼をあなたに持つことができますように!

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-30 06:42 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/29
詩篇105:18-19 彼らは足かせで、ヨセフの足を悩まし、ヨセフは鉄のかせの中に入った。彼のことばがそのとおりになる時まで、【主】のことばは彼をためした。

★ヨセフが見た夢は単なる正夢では無く、神が与えた夢だ。その夢を兄たちに語ったヨセフは、それが神からのものであることを確信しているという信仰を持つ必要があった。奴隷になり、さらに投獄されるという最悪の中で彼は信仰が訓練されているのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-29 06:29 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/28
詩篇103:3-5 主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、鷲のように、新しくなる。

★神からの最高の恵みは、私の罪を赦していただいたことだ。それだけでもすごいのに、神は私の一生を良いもので満たすと言ってくださった。良いものとは? 聖霊が私を満たしてくだされば良いと思う。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-28 06:59 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/27
詩篇103:2 わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。

★忘れている。忘れっぽい私は良くしてくださったことを恐ろしいほどに忘れている。神はいつも良くしてくださるが、病気のこと、人からの嫌な言葉などが忘れられない。なんと罪深い脳なのだろうか。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-27 07:06 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/26
詩篇96:4 まことに【主】は大いなる方、大いに賛美されるべき方。 すべての神々にまさって恐れられる方だ。

★賛美「威光・尊厳・栄誉」の箇所だ。すべての誉め讃えるべき言葉は神だけにある。他の偶像などに何ができるだろう。確かに背後の悪霊が何か奇跡的な事もして私たちを不思議がらせ、真の神から信仰を離そうとするが、聖書の神以外に賛美されるべき方は無い。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-26 07:15 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/25
詩篇95:1 さあ、【主】に向かって、喜び歌おう。われらの救いの岩に向かって、喜び叫ぼう。

★喜び歌い、喜び叫ぶ。これが人間の本来の姿。歌うだけじゃ無い。喜び歌うのだ。それも主に向かって。事実、主に向かって歌い出せば、喜びが溢れてくるのだ。祈り出せば感謝と喜びが満ちてくるのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-25 06:40 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/24
詩篇94:19 私のうちで、思い煩いが増すときに、あなたの慰めが、私のたましいを喜ばしてくださいますように。

★神からの喜びはこの世から来る喜びとは全く違う。イエス様が与える平安がこの世が与える平安と全く違うのと同じだ。なのに、どうして思い煩いが出てくるのだろう。常に心がイエス様を見ているようにしたいものだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-24 06:38 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/23
詩篇94:18 もしも私が、「私の足はよろけています」と言ったとすれば、【主】よ、あなたの恵みが私をささえてくださいますように。

★ここの「もしも」は私の場合、「度々」という言葉になりそうだ。それでも神は支えてくださった事を思い出す。助けてもらっていながら、いつも感謝してきただろうか? 本当に感謝の少ない人間だと思う。

==
昨日は「いい夫婦の日」、今日は「いいふみの日」らしいです。
今日は「勤労感謝の日」です。天皇制が無くなるまでは新嘗祭でした。この時期、農家の収穫も忙しいです。今年も大きな災害がありましたので、農家のために祈ることを教えられました。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-23 07:00 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/22
詩篇94:17 もしも【主】が私の助けでなかったなら、私のたましいはただちに沈黙のうちに住んだことでしょう。

★まさに「もしも」であって、神が助けである事実にホッとする。助けられていないと思うような、神の沈黙を感じる時も多いが、その沈黙の中にも助けがあることを見出す。心の深いところで神との交わりを持ちたい。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-22 06:43 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2013/11/21
詩篇92:13-4 彼らは、【主】の家に植えられ、私たちの神の大庭で栄えます。彼らは年老いてもなお、実を実らせ、みずみずしく、おい茂っていましょう。

★詩篇1篇を思い出す。忠実に主に仕えて生きてきた人は年老いてもその実を豊かにつける。私も多くの年配者にそれを見てきている。私もそのように年をとっていきたい。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2013-11-21 06:44 | みことば