「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/31
Ⅱテモテ2:15 あなたは熟練した者、すなわち、真理のみことばをまっすぐに説き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。

★若い牧師テモテに語ったパウロの言葉。私はもう若くなくなったが、この言葉を私もいただく。同時に、私もパウロのように、皆さんにこれを語る。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-31 06:20 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/30
Ⅱテモテ2:1 そこで、わが子よ。キリスト・イエスにある恵みによって強くなりなさい。

★私は強くなりたい。体もだが、やはり信仰が! 強くなる秘訣はイエス様の恵みだそうだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-30 07:11 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/28
Ⅱテモテ1:13 あなたは、キリスト・イエスにある信仰と愛をもって、私から聞いた健全なことばを手本にしなさい。

★人は自分のオリジナルな生き方をするためにその基本となる思想・考え方を手本にしている。私の手本はイエス様、聖書、と言えるようでありたい。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-28 07:07 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/25
Ⅰテモテ5:9-10 やもめとして名簿に載せるのは、六十歳未満の人でなく、ひとりの夫の妻であった人で、良い行いによって認められている人、すなわち、子どもを育て、旅人をもてなし、聖徒の足を洗い、困っている人を助け、すべての良いわざに務め励んだ人としなさい。

★今みたいに女性が仕事を持てる時代で無かったので、教会が福祉の働きをした。イエス様を愛する信仰から出る行いが大事だ。

(教区の教職修養会参加のため、水曜日まで休みます)

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-25 07:05 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/24
Ⅰテモテ5:8 もしも親族、ことに自分の家族を顧みない人がいるなら、その人は信仰を捨てているのであって、不信者よりも悪いのです。

★信仰ってやっぱり「愛」なんだなあ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-24 07:11 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/23
Ⅰテモテ5:1 年寄りをしかってはいけません。むしろ、父親に対するように勧めなさい。若い人たちには兄弟に対するように、

★ストレスの多い現代。怒る人が増えたそうだ。カリカリしている人がいると霊的な雰囲気が壊れる。笑顔って大事だ!

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-23 07:12 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/22
Ⅰテモテ4:12 年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい。

★テモテは若くても信者の模範になるべきだった。私はもう若くない。模範になっていなくてはならないのだが・・・

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-22 07:14 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/21
Ⅰテモテ3:11 婦人執事も、威厳があり、悪口を言わず、自分を制し、すべてに忠実な人でなければなりません。

★続いて婦人執事(新共同訳は「婦人の奉仕者」)。ここもまた、うちの教会の女性たちはすばらしい。私は彼女たちに感謝が足りないと思った。この場を借りて「皆さん、いつもありがとうございます」

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-21 07:09 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/20
Ⅰテモテ3:8-9 執事もまたこういう人でなければなりません。謹厳で、二枚舌を使わず、大酒飲みでなく、不正な利をむさぼらず、きよい良心をもって信仰の奥義を保っている人です。

★今度は執事(新共同訳では「奉仕者」)。うちの教会の役員や教会員はすばらしい。私が努力しなければいけないと強く思わされた!

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-20 06:55 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2014/8/18
Ⅰテモテ3:2 ですから、監督はこういう人でなければなりません。すなわち、非難されるところがなく、ひとりの妻の夫であり、自分を制し、慎み深く、品位があり、よくもてなし、教える能力があり、

★監督は今で言う牧師。この2節で私に当てはまるのは「ひとりの妻の夫であり」だけかな??

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2014-08-18 07:10 | みことば