<   2015年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/30
マタイ1:18 イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。

★クリスチャンになって聖書を開いた時、マタイ1章の片仮名だらけの人名に驚き、引き続きこの18節だ。聖霊によって生まれたのがイエス様。かつての私なら笑って終わっただろう。しかし、クリスチャンになっていた私は感動して読めた。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-30 07:17 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/29
エレミヤ 31:34 そのようにして、人々はもはや、『【主】を知れ』と言って、おのおの互いに教えない。それは、彼らがみな、身分の低い者から高い者まで、わたしを知るからだ。──【主】の御告げ──わたしは彼らの咎を赦し、彼らの罪を二度と思い出さないからだ。」

★特別職の者だけが神を知るのではなく、全ての人が神を知る。これが新約時代。そして、その恵みは、イエス様の十字架によって、私たちの罪を思い出さないこと。完璧な赦しをいただいた。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-29 06:40 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/28
エレミヤ31:33 彼らの時代の後に、わたしがイスラエルの家と結ぶ契約はこうだ。──【主】の御告げ──わたしはわたしの律法を彼らの中に置き、彼らの心にこれを書きしるす。わたしは彼らの神となり、彼らはわたしの民となる。

★十戒ではない、新しい契約が預言された。「わたしは彼らの神となり・・」とはまさにイエス様のこと。律法は石の板ではなく、私たちの心の中に住まわれるイエス様だ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-28 06:58 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/27
ハガイ1:9 あなたがたは多くを期待したが、見よ、わずかであった。あなたがたが家に持ち帰ったとき、わたしはそれを吹き飛ばした。それはなぜか。──万軍の【主】の御告げ──それは、廃墟となったわたしの宮のためだ。あなたがたがみな、自分の家のために走り回っていたからだ。

★誰もが多くを期待する。強欲は良くないということもわかっている。しかし、人はどうしても自分のために稼ぎたくなる。心のどこかでお金が神より力があると思っているのだろうか?

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-27 06:40 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/26
ハガイ1:5-6 今、万軍の【主】はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。あなたがたは、多くの種を蒔いたが少ししか取り入れず、食べたが飽き足らず、飲んだが酔えず、着物を着たが暖まらない。かせぐ者がかせいでも、穴のあいた袋に入れるだけだ。

★現状は何が原因となっているか? 人的なことを原因としがちだが、神とのコミュニケーションをぞんざいにしているという現状は無いか?

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-26 07:03 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/25
ハガイ1:4 この宮が廃墟となっているのに、あなたがただけが板張りの家に住むべき時であろうか。

★人は忙しさのうちに神よりも自分のことを中心にしがちだ。神殿再建に励んでいたが、困難続きの中、神殿再建が中断し、人々は自分の家のことを中心に考えるようになった。私はどうだろう?

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-25 06:58 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/24
ヨナ1:17 【主】は大きな魚を備えて、ヨナをのみこませた。ヨナは三日三晩、魚の腹の中にいた。

★ヨナは海に投げ込まれたが、神は嵐を起こして裁きをくだしたのではなく、魚という救いを用意された。3日間はヨナの悔い改めの期間であり、イエス様の復活を表すものでもあった。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-24 06:39 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/23
ヨナ1:12 ヨナは彼らに言った。「私を捕らえて、海に投げ込みなさい。そうすれば、海はあなたがたのために静かになるでしょう。わかっています。この激しい暴風は、私のためにあなたがたを襲ったのです。

★ヨナには嵐の理由がわかっていた。しかし、神の裁きが下ったと思っていたかも知れない。その裁きのために他の人を巻き添えにしたくないという彼の気持ちは大事にしたい。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-23 06:37 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/22
ヨナ1:4 さて、【主】は大風を海に吹きつけられた。それで海に激しい暴風が起こり、船は難破しそうになった。

★神が嵐を起こされた。このことから、地震も、津波も、台風もすべて神のしわざだと言うのは早計だ。ここはどうしてもニネベの人を救いたい神の思いがあることを覚えたい。どうしてもヨナにニネベで語らせたかったのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-22 06:41 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2015/11/21
ヨナ 1:3 しかしヨナは、【主】の御顔を避けてタルシシュへのがれようとし、立って、ヨッパに下った。彼は、タルシシュ行きの船を見つけ、船賃を払ってそれに乗り、【主】の御顔を避けて、みなといっしょにタルシシュへ行こうとした。

★ヨナは神の言葉に従わなかった。預言者が神の言葉に従わないとは、と思いたくなるが、果たして、私たちは神の言葉に従っているだろうか? 自分の道を歩んでいないだろうか?

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2015-11-21 06:48 | みことば