「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/31
Ⅰ歴代誌29:2 私は全力を尽くして、私の神の宮のために用意をした。すなわち、金製品のための金、銀製品のための銀、青銅製品のための青銅、鉄製品のための鉄、木製品のための木、しまめのう、色とりどりのモルタルの石の象眼細工、あらゆる宝石、大理石をおびただしく用意した。

★ダビデが神殿建築のために献げた物もすごいが、「全力を尽くして」献げているところがすごい! 私も全力を尽くして礼拝をささげたい。 

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-31 06:35 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/30
Ⅰ歴代誌29:1 次に、ダビデ王は全集団に言った。「わが子ソロモンは、神が選ばれたただひとりの者であるが、まだ若く、力もなく、この仕事は大きい。この城は、人のためでなく、神である【主】のためだからである。

★ソロモンでもこの神殿建築の仕事は大きすぎた。神のための仕事だから。私たちも大きすぎる仕事をしているのかも知れない。一致して、聖霊の満たしの中でへりくだって行っていきたいものだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-30 07:14 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/29
Ⅰ歴代誌28:20 それから、ダビデはその子ソロモンに言った。「強く、雄々しく、事を成し遂げなさい。恐れてはならない。おののいてはならない。神である【主】、私の神が、あなたとともにおられるのだから──。主は、あなたを見放さず、あなたを見捨てず、【主】の宮の奉仕のすべての仕事を完成させてくださる。

★神殿建築は恐れが伴う。しかし、神を愛するなら恐れは要らない。神がその仕事を完成させてくださるからだ。私たちの色々な仕事も神が共にあって守ってくださる。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-29 07:09 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/28
Ⅰ歴代誌28:9 わが子ソロモンよ。今あなたはあなたの父の神を知りなさい。全き心と喜ばしい心持ちをもって神に仕えなさい。【主】はすべての心を探り、すべての思いの向かうところを読み取られるからである。もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現される。もし、あなたが神を離れるなら、神はあなたをとこしえまでも退けられる。

★神殿建築はソロモンに委ねられる。彼は平和の王だから。しかし、彼も単なる人に過ぎない。彼が神を離れたら、神殿は命を失い、国も滅びる。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-28 07:12 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/27
Ⅰ歴代誌 28:3 しかし、神は私に仰せられた。『あなたはわたしの名のために家を建ててはならない。あなたは戦士であって、血を流してきたからである。』

★ダビデが神殿を建てたかったのだが、神は許されなかった。神殿は神を表現するものでもあるから、戦いで血を流してきたダビデはふさわしくないのだ。私の体を平和の器としたい。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-27 07:10 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/25

ローマ8:27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

★私の心は聖霊によって探られ、知られている。私の言葉に出てこない祈りをも聖霊は理解し父なる神に届けてくださる。

(明日の御言葉日記は休みます)

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-25 07:18 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/24
Ⅰ歴代誌28:2 ダビデ王は立ち上がって、こう言った。「私の兄弟たち、私の民よ。私の言うことを聞きなさい。私は【主】の契約の箱のため、私たちの神の足台のために、安息の家を建てる志を持っていた。私は建築の用意をした。

★ダビデは神をどれほど愛しただろう。見えない神を精一杯愛する彼は、契約の箱安置の神殿を建てるために最善を尽くしている。今や神の神殿は私たちの体そのものだ。聖くうち立てているだろうか。


†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-24 07:15 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/23
ローマ8:26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。

★聖霊の助けは祈る時によくわかる。どのように祈ってよいか分からなくても祈ればよい。聖霊が必ず助けてくださる。聖霊がとりなしてくださる。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-23 07:11 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/22
ローマ8:15 あなたがたは、人を再び恐怖に陥れるような、奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けたのです。私たちは御霊によって、「アバ、父」と呼びます。

★イエス様を信じたということは神の子として保障されたわけだ。それは信じる人の内に聖霊がおられるからだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-22 06:37 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/7/21
ローマ8:1 こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。

★こんな嬉しい、安心できる言葉があるだろうか。イエス様を信じる者は裁かれない、つまり確実に天国に行けるということだ。安心しよう。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-07-21 06:38 | みことば