「ほっ」と。キャンペーン

<   2017年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/20
ヨハネ1:1-2 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。 この方は、初めに神とともにおられた。

★「ことば」は神とともにおられたと、人格をもって書かれている。「ことば」はイエス様のこと。初めにおられたお方、すなわち神であるイエス様。日々崇めて過ごそう。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-20 06:40 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/19
詩篇104:33 私は生きているかぎり、【主】に歌い、いのちのあるかぎり、私の神にほめ歌を歌いましょう。

★死んだ先は賛美に満ちた天国。その先がけとして、この地上で私も賛美に満ちて過ごしたい。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-19 06:44 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/18
詩篇104:30 あなたが御霊を送られると、彼らは造られます。また、あなたは地の面を新しくされます。

★神が全世界を創造し、地の表を神の霊が覆っていたという神聖な創造。聖霊によって私たちが新しく造られるとはそのように神聖な、神秘的なこと。感謝!

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-18 06:43 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/17
ローマ15:7 こういうわけですから、キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。

★キリストが私を受け入れてくださったという宇宙的な奇跡! 私が他の人を受け入れるのは「無理」なのか? この奇跡も神は起こすことができる!

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2017-02-17 06:50 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/16
ローマ15:2 私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです。

★程度の低い喜びもあると思う。しかし、人の徳を高め、人の益となるようにするなら、喜びは質の高いものとなるはずだ。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-16 06:49 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/15
ローマ15:1 私たち力のある者は、力のない人たちの弱さをになうべきです。自分を喜ばせるべきではありません。

★「いつも喜んでいなさい」とあるように喜ぶのは良いが、他の人を忘れて自分だけが良ければよいというような喜びは困る。弱さを担う時、すがすがしい喜びが湧くのではないだろうか。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-15 06:54 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/14
ローマ14:19 そういうわけですから、私たちは、平和に役立つことと、お互いの霊的成長に役立つこととを追い求めましょう。

★追い求めるものが時として、自分のためになることだけを求めているかも知れない。「お互いの」を大事にしたい。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-14 06:43 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/13
ローマ14:18 このようにキリストに仕える人は、神に喜ばれ、また人々にも認められるのです。

★「キリストに仕える人」になりたい。いや、「仕える人になる」と決心しよう!

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-13 07:08 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/12
ローマ14:13 ですから、私たちは、もはや互いにさばき合うことのないようにしましょう。いや、それ以上に、兄弟にとって妨げになるもの、つまずきになるものを置かないように決心しなさい。

★はたして自分はどうだろう? つまづきになるものを置いたことが無いだろうか?

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-12 06:36 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/2/11
ローマ14:7-8 私たちの中でだれひとりとして、自分のために生きている者はなく、また自分のために死ぬ者もありません。もし生きるなら、主のために生き、もし死ぬなら、主のために死ぬのです。ですから、生きるにしても、死ぬにしても、私たちは主のものです。

★だからこそ、生きがいがある。主のために生き、主のために死ぬ、ということだ。なぜならイエス様は私のために生き、私のために死んでくださったから。

†シャローム!† 藤井敬朗

[PR]
by shinnakano | 2017-02-11 07:02 | みことば