<   2017年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/31
マタイ2:16 その後、ヘロデは、博士たちにだまされたことがわかると、非常におこって、人をやって、ベツレヘムとその近辺の二歳以下の男の子をひとり残らず殺させた。その年齢は博士たちから突き止めておいた時間から割り出したのである。

★イエスをつきとめられなかったヘロデは子ども達を殺した。自分の王座を守るためなら子どもも殺す人間の罪の恐ろしさ。クリスマスを喜び祝うが、イエス誕生の背景に多くの犠牲者があったことも覚えておきたい。

==
今年も一年間、ありがとうございました。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-31 07:05 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/30
マタイ2:13 彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現れて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。」

★博士達の夢の後は、ヨセフの夢だ。神は夢をも用いられるが、すべての夢を神からのものとしてしまう恐さもあるから注意! いずれにせよ、神を求め続け、御言葉に立つ真理を求め続けたい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-30 07:16 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/29
マタイ2:12 それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。

★博士達は占星術師であったから、夢に神の言葉を聞いても「あー、夢か」で終わらなかったのかも知れない。彼ら異邦人が神の言葉を聞き、それに従うというのはすばらしいことだと思った。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-29 07:18 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/28
マタイ2:10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。

★星そのものを喜んだのでないことは確かだ。その星が示す救い主を喜んだのだ。私たちも聖書を学ぶが、聖書の文字そのものを喜ぶのではなく、その生きた言葉、イエス・キリストを喜ぶのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-28 06:24 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/27
マタイ2:9 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。

★律法学者達は預言から救い主誕生の場所を知っていた。その言葉で出かけたのは異邦人の博士たちであってユダヤ人の律法学者達ではない。そして、導いたのは星。つまり神ご自身だった。私も神ご自身に導かれて生きていく。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-27 06:29 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/25
マタイ2:1-2 イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」

★ユダヤ人から見ればなぜ異邦人の博士たちがイエスを拝みに来るのか? と。しかし、この神のご計画は、イエスはユダヤ人だけの救い主ではなく、全世界すべての人の救い主であることを示している。だから私も救われた。

(明日の御言葉日記はお休みします)

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-25 06:44 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/24
ルカ2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことが、全部御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

★天使が語ったとおり。同じく、聖書が語るとおりなのだ。私たちも聖書の真実に、神をあがめ、賛美していこうではないか。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-24 07:03 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/23
ルカ2:19 しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。

★マリヤが思い巡らしたというのは、イエスの母となったとは言え、神の計画を理解できていないからだ。私も神の計画を理解できていない。でも、思い巡らすことのできる脳はいただいた。神を思わせていただく。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-23 07:05 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/22
ルカ2:19 しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。

★「思い巡らす」私たちもすべき事だ。御言葉を読み流すだけでなく、思い巡らし、神が広大な宇宙のような脳をくださったのだから、最大限働かせ、神の素晴らしさを思いたい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-22 07:07 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/12/21
ルカ2:17-18 それを見たとき、羊飼いたちは、この幼子について告げられたことを知らせた。それを聞いた人たちはみな、羊飼いの話したことに驚いた。

★神のなさることを語ると驚く人や疑う人がいる。しかし、語る羊飼いが喜びに満ちていたように、私たちも喜びに満ちて語る者だ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2017-12-21 07:10 | みことば