みことば日記

【御言葉日記】2017/11/24
詩篇139:23-24 神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。 私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。

★私の心は完全に知られている。私は神に造られたのだから。私の思い煩いも、心の傷も全て知られている。その上で今の道が用意されていることを感謝したい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-24 07:12 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/23
詩篇139:7 私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。

★自分が神から離れているなあと感じたことがあった。どことなく神から逃げていたのだ。しかし、神から逃げることができるわけがない。神は私を愛して、いつもそばにいてくださるのだから。

==
今日はCBCフェスタ(中央聖書神学校のオープンキャンパス・出店もあり)です。
新中野キリスト教会は綿菓子を作ります。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-23 07:15 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/22
詩篇139:4 ことばが私の舌にのぼる前に、なんと【主】よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。

★私たちの祈りが発せられる前に私たちの賛美も願いも知られている。「主よ」という一言でも神には私たちの全てが通じている。言葉にならない祈りもすばらしい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-22 07:11 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/21
詩篇137:4 私たちがどうして、異国の地にあって【主】の歌を歌えようか。

★歌うことを拒むことで自分たちの信仰の証とした。しかし、証にならないことをしたのも事実だ。神を離れることは人間の尊厳を失うことだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-21 06:38 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/20
詩篇137:2-3 その柳の木々に私たちは立琴を掛けた。それは、私たちを捕らえ移した者たちが、そこで、私たちに歌を求め、私たちを苦しめる者たちが、興を求めて、「シオンの歌を一つ歌え」と言ったからだ。

★捕虜として連れてきた者達が、座興に「シオンの歌を一つ歌え」と。ユダヤ人にとって大変な屈辱。シオンの歌は神をたたえる歌だからだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-20 06:40 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/19
詩篇137:1 バビロンの川のほとり、そこで、私たちはすわり、シオンを思い出して泣いた。

★バビロン捕囚の悲しみを歌っている。彼らは戻れないかも知れないシオンを思い出して泣いている。悔い改めの涙か? 悔いだけの涙か?

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-19 06:27

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/18
エゼキエル18:32 わたしは、だれが死ぬのも喜ばないからだ。──神である主の御告げ──だから、悔い改めて、生きよ。

★この神の思いをどれ程わかっているだろうか。軽々しく罪を犯したり、礼拝を怠ったりしてはならない。もちろん律法的にではなくだ。悔い改めて生きようではないか。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-18 07:07 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/17
エゼキエル18:21 しかし、悪者でも、自分の犯したすべての罪から立ち返り、わたしのすべてのおきてを守り、公義と正義を行うなら、彼は必ず生きて、死ぬことはない。

★神は悔い改める者を確実に救ってくださる。早く、自らの罪を悔い改め、家族や人のために祈る人になって欲しい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-17 06:55 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/16
エゼキエル18:20 罪を犯した者は、その者が死に、子は父の咎について負いめがなく、父も子の咎について負いめがない。正しい者の義はその者に帰し、悪者の悪はその者に帰する。

★親の罪が子どもに影響することはない。神にえこひいきはないのである。しかし、自分の罪は自分でおかした分だけでも結構あるのではないか。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-16 06:52 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2017/11/15
エゼキエル18:19 あなたがたは、『なぜ、その子は父の咎の罰を負わなくてよいのか』と言う。その子は、公義と正義とを行い、わたしのすべてのおきてを守り行ったので、必ず生きる。

★親が悪くても、子どもが正しく生きれば「生きる」と言われる。自分の生き方を誰かのせいにするのではなく、自ら神を求めて生きるべきだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2017-11-15 07:03 | みことば