みことば日記

ピリピ4:7 そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

★神の平安、これこそ求めているものだ。ヨハネにも出てくるが、まさに地上にはあり得ない天の平安・神の平安。この平安こそが人の心に愛を満たし、喜びをわきたたせる。神の平安を求めたい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-21 10:53 | みことば

みことば日記

ピリピ4:6 何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

★何も思い煩わないでいられたらどんなにいいだろう。願い事はしている。きっと感謝が足りないんだろうなと思った。それはイエス様の恵みをまだまだ十分に感じていないからだと思う。このパウロの境地に入りたいものだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-20 07:35 | みことば

みことば日記

ピリピ2:22 しかし、テモテのりっぱな働きぶりは、あなたがたの知っているところです。子が父に仕えるようにして、彼は私といっしょに福音に奉仕して来ました。

★テモテの働きはキリストのことを求めるような働きだったのだろう。献身。自分のことよりキリストのことを思い、パウロに仕えた。私にはいつも「仕える」ということが大きなテーマとなっている。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-19 07:30 | みことば

みことば日記

ピリピ2:21 だれもみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません。

★自分自身のことを求めるだけなんて言われたくないが、キリストのことを求めているかと言われると、そうしたいと思っているという程度になりそうだ。軽いことならキリストのことを求めるが、十字架までとなると・だからこそ聖霊に満たされたい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-18 09:06 | みことば

みことば日記

ピリピ2:13 神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。

★自分勝手な志も多々あるが、神が志を与えてくださるものがある。それは時には自分の思いをはるかに超えたものであるかも知れない。神からのものには天からの平安があり、御心の実を結ぶ。単なる願いで終わらない。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-17 08:19 | みことば

みことば日記

ピリピ1:27 ただ一つ。キリストの福音にふさわしく生活しなさい。

★色々な生き方があるが、キリストの福音にふさわしい生き方ができれば最高だ。福音とは十字架と復活の事だが、この中には実に不思議なまでに命が満ち、愛が満ち、活力がある。十字架と復活の話を知っているだけでなく、それにふさわしい生活まで進みたい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-16 10:21 | みことば

みことば日記

ピリピ1:21 私にとっては、生きることはキリスト、死ぬことも益です。

★生きることはキリストというのはよくわかる。死ぬことも益、というのは天国に近い生活をしているからこそ言える言葉かと思う。それはいつもキリストと共に生活しているから出てくる言葉だろう。日々キリストを見ながら生活したい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-15 10:38 | みことば

みことば日記

ピリピ1:14 また兄弟たちの大多数は、私が投獄されたことにより、主にあって確信を与えられ、恐れることなく、ますます大胆に神のことばを語るようになりました。

★大変な出来事は人の心を萎えさせることも多いが、聖霊はそれさえも用いて意欲をわきたたせてくださる。みんなが大胆に御言葉を語るようになることは本当にすごいことだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-14 08:11 | みことば

みことば日記

ピリピ1:12 さて、兄弟たち。私の身に起こったことが、かえって福音を前進させることになったのを知ってもらいたいと思います。

★パウロは福音のために投獄された人だ。普通で考えればよくないことになったと思う。しかし、彼はそれさえも福音の前進になったという。確かにその中で出会って救われた人がいる。私も現実を悲観的に見ないようにしたい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-13 07:26 | みことば

みことば日記

ピリピ1:9-10私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識とあらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり、あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることができるようになりますように。

★愛が豊かになるようにと祈る。私のためにも祈って欲しいことだ。自分でも祈らねば。確かに色々なものがあふれている時代だけに、本当にすぐれているものを見分ける目が欲しい。それも愛によって。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-09-12 08:17 | みことば