みことば日記

ローマ10:14 しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。

★伝道の重要性が書かれた聖句だ。神も天使も伝道はしない。伝道はどういうわけか不完全な私たち人間に任された。私たちが伝えなくては人は救われない。でも救うのは私たちでなく神だ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-26 10:12 | みことば

みことば日記

ローマ10:13 「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。

★誰でも救われるのでなければ本当の宗教ではない。誰でもということは金持ちだとか、何かできる人だとかではない。まさに「イエス様の名を呼ぶ」だけでよいという誰にでも可能な道をくださったのがキリストの神だ。今日も「イエス様」と呼びかけていこう。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-25 10:04 | みことば

みことば日記

ローマ10:10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

★洗礼という儀式を今も大事にするのは、告白が大事だからだ。形なんかどうでもよいのだが、心のこもった形は心だけよりはるかに良いのだ。形のプレゼントより心のこもったプレゼントがよいのは当然。心と共にプレゼントを贈るのはもっと嬉しいではないか。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-24 07:20 | みことば

みことば日記

ローマ10:9 なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。

★信じるというのは心の中のことだが、それでも大切なのは口で告白するということだ。心にあることを口に出す。イエス様が神の言葉であるように、私たちも言葉で自分を表すのである。はっきりとイエス様を主と告白しようではないか!
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-23 06:45

みことば日記

ローマ10:4 キリストが律法を終わらせられたので、信じる人はみな義と認められるのです。

★律法の精神は有効だが、律法によっては救われない。律法からは人への裁きが来るだけなので、イエス様はそれを終わらせ、律法の根本的精神「愛」を貫き、「信じることによる義」をもたらされた。イエス様を信じるだけで救われるという本当に嬉しい道が開かれたのだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-22 07:10

みことば日記

ローマ10:1 兄弟たち。私が心の望みとし、また彼らのために神に願い求めているのは、彼らの救われることです。

★パウロがユダヤ人の救いを求めてきた。ユダヤ人は神を信じているがイエス様の十字架による救いを知らない。ただ神を信じるだけでなく、神の愛を知らねばならないのだ。今や多くのユダヤ人がクリスチャンになっている。パウロの祈りは今も働いていると言える。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-22 07:07

みことば日記

ローマ8:35 私たちをキリストの愛から引き離すのはだれですか。患難ですか、苦しみですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか。

★私たちはキリストにつながった者。離れてはいけないのだが、引き離そうとする良くない力も働いているのは事実だ。だが、十字架を思うなら、これらもので引き離されるものではない。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-20 11:33

みことば日記

ローマ8:32 私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。

★神のひとり子を身代わりにお立てくださる神様だ。私たちに必要なものは全て与えていただけるに決まっている。自分の欲だけで見るのではなく、本当に必要な物は何かという観点で見てみると、感謝が湧いてくるものだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-19 09:44

みことば日記

ローマ8:31 では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。

★誰の仲間かで人生は決まりそうだ。神が味方についてくださるなら、人生は最高!病気をしないとか、問題が起こらないというのではない。それらに支配されない力をいただけるというのだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-18 19:12

英語で聖書

■ヨハネ4:24 God is Spirit, and those who worship Him must worship in spirit and truth.

◇ Spirit「霊」、 worship「礼拝する」、 truth「真実」

■神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。

★あなたはどのように礼拝していますか?
†God Bless You!(^^)†
[PR]
# by shinnakano | 2006-03-16 09:33