みことば日記

ルカ17:4 かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、『悔い改めます』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。

★赦すことがなかなかできないのが人間である。しかし、神は赦すことを願っておられる。十字架は本来赦すことのできない私たちの罪を赦すためになされた神の業だ。イエス様の愛に触れて赦すことのできる心を満たしていただきたい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-09 08:56

みことば日記

ルカ10:26 イエスは言われた。「律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」

★聖書をよく読みたいものだ。ただ、何と書いてあるかを知るだけではだめだ。文章は人の解釈でどうにでも変わる。どう読むか?ここのところが問われる。聖書を正しい読み方で読みたい。著者である神の意図を知りながら読みたい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-08 09:23

みことば日記

ルカ10:25 すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスをためそうとして言った。「先生。何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」

★専門家がこんな質問をするのは、彼が永遠の命を実感していないからで、神の愛に触れていないからだ。イエス様の愛に触れたら、こんな愚問を発することができなくなる。私たちは彼らのような専門家ではないが、永遠の命を知っている。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-07 06:52

みことば日記

ルカ2:10 御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。

★御使いは喜びを知らせに来た。天使の現れたことだけを見ていると恐ろしく感じるが、天使は喜びを伝えるのだ。私たちも神の言葉や現象に恐れているのではなく、喜びをしっかりといただきたいものだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-06 08:23

みことば日記

ルカ2:9 すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。

★こんなことは人生に一度と無いことかも知れない。しかし、時として心の中に神の栄光を照らされる経験というものはあるものだ。その時、神様が何を自分にするようにいわれているのかをはっきりと知るものでありたい。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-05 06:12

みことば日記

ルカ2:1 そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。

★マリアがイエス様を誕生するという時にこんな大変な勅令が・・と思う。しかし、世の中の状況をも神は用いられる。この勅令のためにイエス様は預言通りベツレヘムで生まれることとなった。大変なことの背後に大きな恵みの計画があることを知りたいものだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-04 06:18

みことば日記

ルカ1:37 神にとって不可能なことは一つもありません。

★天使がマリアに語った有名な言葉。処女マリアがみごもるというあり得ないことが起こる。神が人となるというあり得ないことが起こる。それは神が全能だから。全能の神は好き勝手をするのではなく、最も良いことのために不可能を可能にされる。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-03 06:15

みことば日記

マタイ20:28 人の子が来たのが、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。

★クリスマスの意味はここにある。命まで与えるために、完全に仕えるためにお出でになったイエス様。この私のためであり、私を何としても天国に行かせたいから。この気持ちを絶対に無視してはいけない。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-02 06:12

みことば日記

マタイ20:27 あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。

★しもべにはなりたくないのが普通だ。しかし、主人の気持ちを察するしもべは主人にとって良いことをし、主人は喜び、その喜びがしもべにも伝わる。私もイエス様のしもべとなって、主人の喜びを共に味わう者となりたい。
(新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。)
†シャローム!†

今日から新中野キリスト教会の藤井敬朗牧師が、聖書の御言葉からつづる「みことば日記」をblogにしました。
[PR]
# by shinnakano | 2006-01-01 06:12