みことば日記

【御言葉日記】2018/6/11
ルツ2:3 ルツは出かけて行って、刈る人たちのあとについて、畑で落ち穂を拾い集めたが、それは、はからずもエリメレクの一族に属するボアズの畑のうちであった。

★夫を失い、姑と姑の故郷ベツレヘムへ来たルツ。そして何も無いルツは落ち穂拾いをした。その畑が「はからずも(新共同訳は『たまたま』)」ボアズの畑だった。人が考えていなくても、神は計ってくださっている。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-06-11 06:35 | みことば
みことば日記 >>