みことば日記

LB箴言1:1-3 ダビデ王の子、イスラエルの王ソロモンの教訓。ソロモン王がこの教訓を書いたのは、人々がどんな時にも物事を正しく判断し、だれをもえこひいきしないようにと考えたからです。

★人それぞれの生き方に信念があり、それは自分だけでなく普遍的なものだと知ると伝えたくなる。まして、神から教えられた大事な知恵の言葉は語ることを止めることはできない。
†シャローム!†
[PR]
by shinnakano | 2007-10-11 22:54 | みことば
<< みことば日記 みことば日記 >>