2018年 10月 08日 ( 1 )

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/8
ヨナ2:1-2 ヨナは魚の腹の中から、彼の神、【主】に祈って、言った。「私が苦しみの中から【主】にお願いすると、主は答えてくださいました。私がよみの腹の中から叫ぶと、あなたは私の声を聞いてくださいました。

★海に投げ込まれたことは「死」に価する。しかし、彼は魚の腹の中にいる。救われたのだ。でも、まだ真っ暗な中だ。しかし、命はある。命があるということは祈れるということだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-10-08 06:09 | みことば