人気ブログランキング |

<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

みことば日記

ヘブル1:2 この終わりの時には、御子によって、私たちに語られました。神は、御子を万物の相続者とし、また御子によって世界を造られました。

★新約聖書がイエス様の誕生から始まり、教会の誕生と成長が書かれている。つまり、イエス様を知ることが人生で一番大事なことであり、イエス様によって世界は動いていることを知る。自分もイエス様無しには生きていけないのだ。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-16 07:34 | みことば

みことば日記

ヘブル1:1 神は、むかし父祖たちに、預言者たちを通して、多くの部分に分け、また、いろいろな方法で語られましたが、

★旧約聖書はイエス様のお出でになることを語っているが、そこには神の愛と義、裁き、人間の罪深さ、などがイスラエルの歴史を中心に色々書かれている。著者である神様の意図を探るようにして読めば愛が溢れていることがわかる。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-15 06:43 | みことば

みことば日記

ピレモン1:11 彼は、前にはあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにとっても私にとっても、役に立つ者となっています。

★キリストによって変えられたオネシモ。その名の通り「役に立つ」者になった。主人の物を盗んで逃亡した奴隷は殺されても仕方ない。でも、パウロが彼を推薦するまでになった。パウロが獄中で彼を伝道し救ったのだ。イエスにあってこそ人は自分の生きる道を見いだすのだ。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-14 09:18 | みことば

みことば日記

Ⅱテモテ4:7 私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。

★天に帰るとき、このように言い切れたら良い生涯だったと言える。走るべき道のりを知っているからこそ走り終えることができる。信仰こそ生き甲斐だから守り通す。私も勇敢に戦い、走り抜きたい。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-13 07:01 | みことば

みことば日記

Ⅱテモテ4:2 みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。

★御言葉が世界を救う。世界を変える力を持っている。これを伝えるのは御言葉を知っている者、その力を体験した者だ。子どもたちは御言葉を知らない。親から聞き、その親の行動から御言葉の真実を確認していく。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-12 06:41 | みことば

みことば日記

Ⅱテモテ3:16-17 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。

★聖書は神様の言葉が書いてあるだけでなく、そこに私たちの命も力も生き方もある。この言葉が私たちの中に食べ物の栄養のように入り込んでくると御言葉に生きる者と変えられるのだ。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-11 11:02 | みことば

みことば日記

Ⅱテモテ2:26 それで悪魔に捕らえられて思うままにされている人々でも、目ざめてそのわなをのがれることもあるでしょう。

★多くの人は悪魔の罠の中にあることや、捕らえられて自由を失っていることに気がついていない。目覚めるためには正しい知識をいただかねばならない。御言葉の真理、力を体験しなくてはならない。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-10 09:38 | みことば

みことば日記

Ⅱテモテ2:25 反対する人たちを柔和な心で訓戒しなさい。もしかすると、神は彼らに悔い改めの心を与えて真理を悟らせてくださるでしょう。

★反対する人に敵対しても和解はない。イエス様は私たち敵対者に対しても十字架による和解をくださった。そこにこそ人の心を開き、悔い改めに導く力があるのだと思う。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-09 07:51 | みことば

みことば日記

Ⅱテモテ2:24 主のしもべが争ってはいけません。むしろ、すべての人に優しくし、よく教え、よく忍び、

★争いが平和を生むことは無い。ただ優しければよいというのではないが、人のことを思う気持ちを持つことが平和を生み出す。自己中心から平和は来ない。御言葉を教えることのできるようになりたいものだ。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-08 09:09 | みことば

みことば日記

Ⅱテモテ2:22 それで、あなたは、若い時の情欲を避け、きよい心で主を呼び求める人たちとともに、義と信仰と愛と平和を追い求めなさい。

★若い人に覚えておいてもらいたい。禁欲主義ではないが、欲は積み重なるとき悪につながり、義も信仰も愛も平和も失ってしまう。常に聖い心で主を呼び求めていって欲しい。聖さこそが人を幸せにする基本なのだ。
†シャローム!†
by shinnakano | 2006-11-07 07:06 | みことば