<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/21
ヨハネ4:14 しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」

★こんなすばらしい水があるなんて! 私も潤して頂いた一人だが、湧き出るはずの聖霊。果たして湧き出ているかと思うこともしばしばだ。しかし、神にミスは無い!

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-21 06:23 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/20
ヨハネ4:10 イエスは答えて言われた。「もしあなたが神の賜物を知り、また、あなたに水を飲ませてくれと言う者がだれであるかを知っていたなら、あなたのほうでその人に求めたことでしょう。そしてその人はあなたに生ける水を与えたことでしょう。」

★水を求めたのはイエス様だが、サマリヤの女は心がカラカラに渇いていた。生けるいのちの水はこの女の方が求めるべきだった。ただ、イエス様が誰か気づいていないから求めていない。今も、イエス様に求める事がわかっていない人は多い。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-20 06:22 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/19
ヨハネ4:9 そこで、そのサマリヤの女は言った。「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。」──ユダヤ人はサマリヤ人とつきあいをしなかったからである──

★水を求めたイエスにサマリヤの女は驚いた。ユダヤ人がサマリヤ人を嫌っているのにそのユダヤ人が、それも女性に語るというあり得ないことがあったからだ。イエス様にはどの人もみんな大切な人なのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-19 06:30 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/18
ヨハネ4:3-4 主はユダヤを去って、またガリラヤへ行かれた。しかし、サマリヤを通って行かなければならなかった。

★いつ、この箇所を読んでも嬉しくなる。サマリヤを通らなくてもガリラヤに行けるのに、イエス様にはサマリヤを通る必要があった。救われる人がいるからだ。イエス様は人とならなくてよかったのに、人となる必要があった。私達を救うためだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-18 06:34 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/17
ヨハネ3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

★短い言葉だが、この中に神の熱い熱い愛が込められている。イエス様を身代わりにしてでも私たちを救おうとされた愛。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-17 06:38 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/16
ヨハネ3:14-15 モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」

★モーセ時代、不信仰の罰で蛇にかまれ、死を前にしたユダヤ人に、青銅の蛇を仰ぎ見れば助かるという方法が与えられ、仰ぎ見た人は生きた。同じく、イエス様を仰ぎ見れば救われるのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-16 07:32 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/15
ヨハネ3:3-4 イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」ニコデモは言った。「人は、老年になっていて、どのようにして生まれることができるのですか。もう一度、母の胎に入って生まれることができましょうか。」

★このニコデモと同じような質問をされる方がある。死後、やはり気になるはず。新しく生まれるとは、イエス様を信じて始まる世界。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-15 06:26 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/14
ヨハネ1:46 ナタナエルは彼に言った。「ナザレから何の良いものが出るだろう。」ピリポは言った。「来て、そして、見なさい。」

★ナタナエルはイエス様を信じられないでいた。イエス様が言われた「来なさい」をピリポも語った。また「見なさい」とも。人は見ないいと信じないことが多い。「見ずに信じるものは幸い」の言葉を思い出す。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-14 07:20 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/13
ヨハネ 1:39 イエスは彼らに言われた。「来なさい。そうすればわかります。」そこで、彼らはついて行って、イエスの泊まっておられる所を知った。そして、その日彼らはイエスといっしょにいた。時は第十時ごろであった。

★「来なさい」の一言は嬉しい一言だ。「来るな!」と言われたら、イエス様と関係が無くなる。しかし、「来なさい」と言われていても、行かないのもイエス様との関係が無くなることだ。

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-13 06:38 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2016/3/12
ヨハネ1:38 イエスは振り向いて、彼らがついて来るのを見て、言われた。「あなたがたは何を求めているのですか。」彼らは言った。「ラビ(訳して言えば、先生)。今どこにお泊まりですか。」

★「何を求めているのか?」の質問に「どこに泊まっているのか?」とは変な質問だ。しかし、彼らはイエス様と多くの時間を過ごしたいがためにそう聞いたのだろう。私はイエス様と多くの時間を過ごしたいと思っているか?

†シャローム!† 藤井敬朗
[PR]
by shinnakano | 2016-03-12 06:21 | みことば