<   2018年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/31
ヨシュア6:3-4 あなたがた戦士はすべて、町のまわりを回れ。町の周囲を一度回り、六日、そのようにせよ。七人の祭司たちが、七つの雄羊の角笛を持って、箱の前を行き、七日目には、七度町を回り、祭司たちは角笛を吹き鳴らさなければならない。

★戦いとは無関係のような宗教的な儀式を神は命じられた。主の戦いとはこういうことなのかも知れない。わけがわからなくても、神に従うことを求められる。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-31 06:54 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/31
ヨシュア6:3-4 あなたがた戦士はすべて、町のまわりを回れ。町の周囲を一度回り、六日、そのようにせよ。七人の祭司たちが、七つの雄羊の角笛を持って、箱の前を行き、七日目には、七度町を回り、祭司たちは角笛を吹き鳴らさなければならない。

★戦いとは無関係のような宗教的な儀式を神は命じられた。主の戦いとはこういうことなのかも知れない。わけがわからなくても、神に従うことを求められる。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-31 06:52 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/30
ヨシュア6:1 エリコは、イスラエル人の前に、城門を堅く閉ざして、だれひとり出入りする者がなかった。

★城門を閉ざすということは町を守ることにはなるが、同時に食料などの物資も入って来ないということだ。神に対して心の扉を閉ざすと神の恵みは入って来ない。

==
母のことをご存知の方、今までありがとうございました。昨日午後4時30分に病院で静かに天に召されました。
母は常に神に心を開いていた人でした。決して裕福ではなく、世で言う楽しいことなどを経験してこなかったと思いますが、神の恵みはいっぱい受けてきました。
皆様にも愛していただいたこと、祈っていただいたことを心から感謝いたします。
●お花料や弔電はご辞退させてください。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-30 06:57 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/29
ヨシュア5:14 すると彼は言った。「いや、わたしは【主】の軍の将として、今、来たのだ。」そこで、ヨシュアは顔を地につけて伏し拝み、彼に言った。「わが主は、何をそのしもべに告げられるのですか。」

★不思議な人は主の軍の将だった。敵とか味方とかそういうレベルではない。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-29 06:57 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/28
ヨシュア5:13 さて、ヨシュアがエリコの近くにいたとき、彼が目を上げて見ると、見よ、ひとりの人が抜き身の剣を手に持って、彼の前方に立っていた。ヨシュアはその人のところへ行って、言った。「あなたは、私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。」

★この人は何者? 私たちは敵を嫌がる。悪を働く時の敵は正しい人である。ヨシュアにとってこれからの戦いに敵は増やしたくないだろう。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-28 06:39 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/27
ヨシュア5:12 彼らがその地の産物を食べた翌日から、マナの降ることはやみ、イスラエル人には、もうマナはなかった。それで、彼らはその年のうちにカナンの地で収穫した物を食べた。

★ヨルダンを渡りカナンの地に入るとマナは終わった。神はいつも手厚くしてくださるが、「自分の手で」働く時にも手厚く助けてくださる。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-27 06:42 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/26
ヨシュア4:18 【主】の契約の箱をかつぐ祭司たちが、ヨルダン川の真ん中から上がって来て、祭司たちの足の裏が、かわいた地に上がったとき、ヨルダン川の水はもとの所に返って、以前のように、その岸いっぱいになった。

★18歳の時だったか、大学で授業中に雨が降ってきた。傘がない。神に祈り、校舎を出ると雨が止んだ。私は祈ったので雨が止んだと信じ、駅まで40分を歩いた。駅の屋根の所に入った途端、また雨が降り出したのを思い出す。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-26 06:17 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/25
ヨシュア4:6 それがあなたがたの間で、しるしとなるためである。後になって、あなたがたの子どもたちが、『これらの石はあなたがたにとってどういうものなのですか』と聞いたなら、

★川から取り出した石を見た子ども達。自ら体験していないが、その証しを通して神の偉大さを知ることができる。大人は子ども達に大いに証しをすべきだと思う。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-25 07:08 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/24
ヨシュア4:5 ヨシュアは彼らに言った。「ヨルダン川の真ん中の、あなたがたの神、【主】の箱の前に渡って行って、イスラエルの子らの部族の数に合うように、各自、石一つずつを背負って来なさい。

★ヨルダン川を渡った記念、神が渡らせてくださった記念としての石。普通の石だが、川から取り出された記念の石。私たちの普通に見える人生にもこのような特別な記念的な証しがあるはずだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-24 06:18 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/8/22
ヨシュア3:16 上から流れ下る水はつっ立って、はるかかなたのツァレタンのそばにある町アダムのところで、せきをなして立ち、アラバの海、すなわち塩の海のほうに流れ下る水は完全にせきとめられた。民はエリコに面するところを渡った。

★上流で堰き止められた方法は? その水はどこに行った? と私は考えてしまうが、神に不可能は無い! 民は渡るべき所を渡ったのだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
by shinnakano | 2018-08-22 06:22 | みことば