人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/31
Ⅰコリント2:3-4 あなたがたといっしょにいたときの私は、弱く、恐れおののいていました。そして、私のことばと私の宣教とは、説得力のある知恵のことばによって行われたものではなく、御霊と御力の現れでした。

★パウロが弱く、恐れおののいていたという。しかし、宣教に関しては力強かったようだ。それが聖霊の働きだ。

†シャローム!† 藤井敬朗

by shinnakano | 2018-10-31 07:18 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/30
Ⅰコリント1:28-29 また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。すなわち、有るものをない者のようにするため、無に等しいものを選ばれたのです。これは、神の御前でだれをも誇らせないためです。

★人が誇るとろくなことがない。苦しんでいる人、虐げられている人、無きに等しい者こそ神はその御手で包み込んでくださっている。

†シャローム!† 藤井敬朗

by shinnakano | 2018-10-30 07:22 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/29
Ⅰコリント1:27 しかし神は、知恵ある者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選ばれたのです。

★私が選ばれたのも意味があることがわかる。弱い者を敢えて選んでくださる神。感謝!

†シャローム!† 藤井敬朗


by shinnakano | 2018-10-29 07:23 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/28
Ⅰコリント1:23-24 しかし、私たちは十字架につけられたキリストを宣べ伝えるのです。ユダヤ人にとってはつまずき、異邦人にとっては愚かでしょうが、しかし、ユダヤ人であってもギリシヤ人であっても、召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです。

★十字架につけられるメシヤはユダヤ人には信じられないし、ギリシヤ人のように頭でわかる神でも無い。しかし、だれであっても信じる者にはこのお方が身近になる。

†シャローム!† 藤井敬朗

by shinnakano | 2018-10-28 07:24 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/27
Ⅰコリント1:18 十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。

★十字架の言葉が「力」であることをしっかり体験していきたい。同じ言葉でも受け取り方で変わるのだから、神の言葉は正しく受けとめたい。

†シャローム!† 藤井敬朗

by shinnakano | 2018-10-27 07:28 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/26
Ⅰコリント1:11-12 実はあなたがたのことをクロエの家の者から知らされました。兄弟たち。あなたがたの間には争いがあるそうで、あなたがたはめいめいに、「私はパウロにつく」「私はアポロに」「私はケパに」「私はキリストにつく」と言っているということです。

★最初の問題指摘は、分派的な問題。「私は○○につく」というようにキリストをバラバラにしている姿にパウロは心痛めている。

†シャローム!† 藤井敬朗

by shinnakano | 2018-10-26 07:30 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/25
Ⅰコリント1:10 さて、兄弟たち。私は、私たちの主イエス・キリストの御名によって、あなたがたにお願いします。どうか、みなが一致して、仲間割れすることなく、同じ心、同じ判断を完全に保ってください。

★ここからパウロはコリント教会の問題点に触れる。コリント教会もキリストを頭として一致した教会だったはず。仲間割れは大問題! 一致を求めてパウロは語り出す。

†シャローム!† 藤井敬朗


by shinnakano | 2018-10-25 06:41 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/24
Ⅰコリント1:9 神は真実であり、その方のお召しによって、あなたがたは神の御子、私たちの主イエス・キリストとの交わりに入れられました。

★イエスの時代の人たち、弟子達は直にイエスに会って話し、触ることができて羨ましくなるが、今だって見えないがイエスの交わりに入れられている。目に見えない人との電話、メールで交わりに入れられるような感じだろうか。

†シャローム!† 藤井敬朗


by shinnakano | 2018-10-24 06:42 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/23
Ⅰコリント1:8 主も、あなたがたを、私たちの主イエス・キリストの日に責められるところのない者として、最後まで堅く保ってくださいます。

★イエスを信じてクリスチャンになったということは、その小さな私の決断を受け入れてくだったのであり、最後まで神が責任をとってくださる。なんと感謝なことだろう。

†シャローム!† 藤井敬朗


by shinnakano | 2018-10-23 06:43 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/10/22
Ⅰコリント1:5 というのは、あなたがたは、ことばといい、知識といい、すべてにおいて、キリストにあって豊かな者とされたからです。

★問題の多かったコリント教会だが、キリストにあって豊かにされたという事実がある。このところを離れないことが大事なのではないか。

†シャローム!† 藤井敬朗


by shinnakano | 2018-10-22 06:59 | みことば