みことば日記

【御言葉日記】2018/5/6
創世記24:58 それで彼らはリベカを呼び寄せて、「この人といっしょに行くか」と尋ねた。すると彼女は、「はい。まいります」と答えた。

★リベカの言葉は献身の言葉に聞こえる。主の呼びかけに「はい」と答える。その時、リベカがイサクと出会ったように、私たちもイエスのさらに深い思いに触れる。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-05-06 06:49 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/5/5
創世記24:50 するとラバンとベトエルは答えて言った。「このことは【主】から出たことですから、私たちはあなたによしあしを言うことはできません。

★大事な結婚相手を見てもいないのに、主から出たこととして受けとめるラバンとベトエル。そしてリベカも。主が用意したことは全て最善であるという信仰だろう。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-05-05 06:17 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/5/4
創世記24:19 彼に水を飲ませ終わると、彼女は、「あなたのらくだのためにも、それが飲み終わるまで、水を汲んで差し上げましょう」と言った。

★水を求めたアブラハムのしもべにリベカは水を汲んだばかりか全てのラクダのためにも水を汲んだ。彼女の心が態度に出ている。サマリヤの女に水を求めたイエスの話を思い出した。

==
昨日の東京ブロック聖会は祝されました。
お祈り、ありがとうございました。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-05-04 06:19 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/5/3
創世記24:15 こうして彼がまだ言い終わらないうちに、見よ、リベカが水がめを肩に載せて出て来た。リベカはアブラハムの兄弟ナホルの妻ミルカの子ベトエルの娘であった。

★イサクの花嫁探しを命じられたしもべの祈りが終わる前に花嫁となるリベカが現れた。なかなか答の無い祈りもあるが、祈り終わらないうちに答えられる祈りもある。しかし、全ての祈りを神は聴いておられる。

==
この後、東京ブロック聖会に向かいます。
天気が気になりますが、来られる方が無事に来られるように祈ります。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-05-03 06:20 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/5/2
創世記22:14 そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、「【主】の山の上には備えがある」と言い伝えられている。

★主の山に備えがあることは私達も知っているはずだ。主の山に登る時にわかる恵みだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-05-02 06:21 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/5/1
創世記22:13 アブラハムが目を上げて見ると、見よ、角をやぶにひっかけている一頭の雄羊がいた。アブラハムは行って、その雄羊を取り、それを自分の子の代わりに、全焼のいけにえとしてささげた。

★神が用意された羊。それによってイサクは救われた。神に用意されたイエス。それによって私は救われた。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-05-01 06:24 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/30
創世記22:12 御使いは仰せられた。「あなたの手を、その子に下してはならない。その子に何もしてはならない。今、わたしは、あなたが神を恐れることがよくわかった。あなたは、自分の子、自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」

★やっと声がかかった。こんなギリギリまで待たされるとは。アブラハムの信仰を神はすでに知っておられるはずだが、「今・・わかった」と言われる。行動に移さねばならない信仰がある。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-30 06:44 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/29
創世記22:9 ふたりは神がアブラハムに告げられた場所に着き、アブラハムはその所に祭壇を築いた。そうしてたきぎを並べ、自分の子イサクを縛り、祭壇の上のたきぎの上に置いた。

★アブラハムとイサクにどのような会話があったのか? イサクが父を振り切って逃げた様子がない。イサクの信仰、従順はイエスそのもののように見える。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-29 06:44 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/27
創世記22:2 神は仰せられた。「あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。」

★アブラハムへの試練は大変なものだ。読んでいる私でも心が痛む。一人息子であろうと、何人子どもがいようと変わらない。ここに神がイエスを屠る計画を持っておられる神の痛みが見える。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-27 06:50 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/26
創世記22:1 これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、「アブラハムよ」と呼びかけられると、彼は、「はい。ここにおります」と答えた。

★私たちは主の祈りで「試みに会わせないでください」と祈るが、それでも神は試練に会わせるようだ。神のなさることに無駄はない。不公平もない。しかし、大きな試練に会う人がいる。それも神の愛だ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-26 06:53 | みことば