みことば日記

【御言葉日記】2018/4/15
創世記16:9 そこで、【主】の使いは彼女に言った。「あなたの女主人のもとに帰りなさい。そして、彼女のもとで身を低くしなさい。」

★主の使いの言葉は重い!「かわいそうに」でも、「良い場所を教えよう」でもなく、「帰れ!」だった。そして「身を低くしなさい」だった。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-15 06:15 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/14
創世記16:6 アブラムはサライに言った。「ご覧。あなたの女奴隷は、あなたの手の中にある。彼女をあなたの好きなようにしなさい。」それで、サライが彼女をいじめたので、彼女はサライのもとから逃げ去った。

★聖書の中にも「いじめ」が出てくる。それはサライにとっては正統的なことと思い込んでいるだろう。ハガルは悩みの末、逃げることとなった。この時、ハガルには自分の罪がわかっていただろうか?

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-14 06:22 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/13
創世記16:5 そこでサライはアブラムに言った。「私に対するこの横柄さは、あなたのせいです。私自身が私の女奴隷をあなたのふところに与えたのですが、彼女は自分がみごもっているのを見て、私を見下げるようになりました。【主】が、私とあなたの間をおさばきになりますように。」

★サライがアブラムに願ったことなのに、アブラムのせいにしている。人は自己反省、悔い改めより、自己保身が強い。しかし、自我が砕かれることが信仰の道だ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-13 06:23 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/12
創世記16:4 彼はハガルのところに入った。そして彼女はみごもった。彼女は自分がみごもったのを知って、自分の女主人を見下げるようになった。

★しもべハガルはサライよりも優位に立ったことでサライを見下げた。人はいつも他の人と自分を比較しているのかも知れない。しかし、神に不公平は無い。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-12 06:25 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/11
創世記16:2 サライはアブラムに言った。「ご存じのように、【主】は私が子どもを産めないようにしておられます。どうぞ、私の女奴隷のところにお入りください。たぶん彼女によって、私は子どもの母になれるでしょう。」アブラムはサライの言うことを聞き入れた。

★年とったサライにとって夫の子孫がいないことはとても辛いことだった。そこで、神が与えてくださらないと決めたのはそういう彼女の思いからで、信仰からでは無かった。アブラムも妻の思いを受け入れたのは信仰からでは無かった。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-11 06:50 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/10
創世記15:4 すると、【主】のことばが彼に臨み、こう仰せられた。「その者があなたの跡を継いではならない。ただ、あなた自身から生まれ出て来る者が、あなたの跡を継がなければならない。」

★子どものいないアブラムはしもべを跡継ぎに考えていた。しかし、神ははっきりアブラムの子どもを約束された。自分の思いを超えたことを言われる神だが、それを信じる信仰も神はくださる。

==
今から中央聖書神学校のチャペル奉仕に向かいます。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-10 06:54 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/9
創世記13:17 立って、その地を縦と横に歩き回りなさい。わたしがあなたに、その地を与えるのだから。」

★ロトと別れて住むことになった地は見るのに決して良い地ではなかった。しかし、神はそこを歩き回れと言われた。見た目が問題ではない。神が与えると言った地は最高である。歩き回ろう!

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-09 06:53 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/8
創世記12:10 その地に飢饉が起こったので、アブラムは、エジプトにしばらく滞在するために下って行った。その地の飢饉が激しかったからである。

★この後、アブラムは不信仰な行動に出てしまう。神の言葉に聞き従ってきたアブラムなのに、やはり人間。私たちは常に不信仰との闘いをしているのだろう。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-08 06:12 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/7
ルカ24:39 わたしの手やわたしの足を見なさい。まさしくわたしです。わたしにさわって、よく見なさい。霊ならこんな肉や骨はありません。わたしは持っています。」

★イエスの復活の体。未だによくわからない。しかし、いずれ私もそのような体をいただけるという。待ち遠しい。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-07 06:15 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/6
ルカ24:32 そこでふたりは話し合った。「道々お話しになっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」

★エマオ途上でイエスに出会った弟子達もなかなか開眼しなかった。それでもイエスが共におられると心は燃えるのだ。心を燃やしてくださるイエスが今日も共に歩いてくださる。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-06 06:17 | みことば