みことば日記

Ⅱコリント1:6 もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。

★「苦しみは私にとってよいことでした」という詩篇記者や先輩方の証は、必ずそこに神の御手を見るからだ。苦難はあるが、耐え抜く力もいただけるのだ。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-28 08:29 | みことば

英語で聖書

皆さん元気ですか?明日は日曜日。共に礼拝しましょうよ。

■ヨハネ4:7 Jesus said to her, "Give Me a drink."

◇Jesus「イエス」、 said to her「彼女に言った」、Give「ください」、Me「私に」、 a drink「飲み物」

■4:7 イエスは「わたしに水を飲ませてください。」と言われた。

★イエス様は「水を飲ませてください」と頼んでこの女の人の心の問題に近づかれたのです。
†God Bless You!(^^)†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-27 10:39 | みことば

みことば日記

Ⅱコリント1:4 神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。

★愛された者が愛することができるように、慰められた者が慰めることができる。神からの慰めは誰もがいただいているはずだが、それをどこまで理解しているかは別だ。慰めを感謝しよう。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-27 10:38 | みことば

みことば日記

Ⅰコリント16:18 彼らは、私の心をも、あなたがたの心をも安心させてくれました。このような人々の労をねぎらいなさい。

★人の心に安心を与えてくれる人。私も目指している人間の姿だ。人に安心を与えることができた最大の方はもちろんイエス様だが、そのようになりたいし、パウロにそうした人がいたということは、私にとっても大きな見本になる。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-26 12:56 | みことば

みことば日記

Ⅰコリント16:16 あなたがたは、このような人たちに、また、ともに働き、労しているすべての人たちに服従しなさい。

★主のために労している人と共に働き、服従することは本当に大切だなあと思う。主のためか、自分のためかは見抜かねばならないが、主のために働く人と共に働くというのは本当にその働きが楽しくなるものだ。ビジョンに燃えているから。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-25 09:28 | みことば

みことば日記

Ⅰコリント16:14 いっさいのことを愛をもって行いなさい。

★自分の行動に必要な全てがこの短い一言に凝縮されているような気がする。何をするにも「愛」をもって行うなら、確かに自分も充実するし、神様にも喜ばれることがわかる。ただ、人にはどこまでわかってもらえるか?わかってもらえなくても良いのだろう。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-24 08:09 | みことば

みことば日記

Ⅰコリント16:13 目を覚ましていなさい。堅く信仰に立ちなさい。男らしく、強くありなさい。

★パウロの言う男らしさって何だろうと思う。強くあれと言うのは腕力ではない。どんな時にも天に目を向けて、世に流されないで、愛と義を追い求める。イエス様と家族のために命をかけるような男なのだろうか。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-23 07:16 | みことば

みことば日記

Ⅰコリント15:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。

★どんな土台の上に立つかは人生を左右する。イエス様のたとえ話にあるように砂地の上に家を建てるのではなく、岩地の上に建てるべきだ。岩地とは神の御言葉のこと。御言葉を語る神と共に生活することこそ、生き甲斐のある人生となる。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-22 14:23 | みことば

みことば日記

Ⅰコリント15:33-34 思い違いをしてはいけません。友だちが悪ければ、良い習慣がそこなわれます。目をさまして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。

★世の中で平然と行われていれば自分もして良いというのではない。悪は悪、罪は罪だ。見つからないうちは良いと思っているなら、見つかったときの辛さを考えるべきだ。どんなことも神にはお見通しであることは忘れてはならない。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-21 07:55 | みことば

みことば日記

Ⅰコリント15:9 私は使徒の中では最も小さい者であって、使徒と呼ばれる価値のない者です。なぜなら、私は神の教会を迫害したからです。

★パウロのような偉大な人物が自分のことを「小さな者」と言う。単に謙遜で言っているのなら彼の全ての言葉が虚しくなる。彼は本当に自分がひどい罪人であったことを悔いているのだ。その上で、その価値無き自分を愛してくださったイエス様に大きな感謝を表している。
†シャローム!†
[PR]
# by shinnakano | 2006-05-20 09:42 | みことば