みことば日記

【御言葉日記】2018/4/5
ルカ24:30-31 彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。

★彼らの肉の目は開いていた。問題は霊の目だ。ここが開眼しないと見えない世界がある。彼らはパンのできごとで開眼したが、私は捨て鉢で祈った時だったように思う。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-05 06:20 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/4
ルカ24:7 人の子は必ず罪人らの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえらなければならない、と言われたでしょう。」

★イエス様の言葉はその時わからなくても、信じられなくても必ず成就する。御言葉を軽く見ていてはいけない。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-04 06:22 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/2
ルカ24:5 恐ろしくなって、地面に顔を伏せていると、その人たちはこう言った。「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。

★天使登場! 今も生きて共におられるイエスを捜し回っている人が多い気がする。共におられることに気がついて欲しい。
==
明日の御言葉日記はお休みします。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-02 06:19 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/4/1(イースター)
ルカ24:1-3 週の初めの日の明け方早く、女たちは、準備しておいた香料を持って墓に着いた。見ると、石が墓からわきにころがしてあった。入って見ると、主イエスのからだはなかった。

日曜の朝、悲しみが消えないままの女達。しかし、イエスはもう過去の人となり、彼女たちは最後のお別れに来た。しかし、お別れはできないのだ! イエスは共にいるお方だから。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-04-01 06:22 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/3/31
ルカ23:45 太陽は光を失っていた。また、神殿の幕は真っ二つに裂けた。

★イエスの死は太陽さえ光を失う悲しみであった。しかし、神殿の幕は裂かれたのだ。それは神と人との交わりの回復を意味する。信じて神のもとに近づこう!

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-03-31 06:29 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/3/30(受難日)
ルカ23:43 イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」

★十字架の上で交わされた言葉。犯罪人なのに「パラダイスにいます」と宣言された彼は、この後、本当にパラダイスに入った。十字架にかけられるような犯罪人でも救われる。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-03-30 06:57 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/3/29
ルカ23:42 そして言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」

★イエス様と共に十字架につけられた二人の犯罪人。その一人が言った言葉。人々がイエスを地上の王になるとしか思っていなかった時に、彼はイエス様が御国の王になると信じたのだろうか。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-03-29 06:48 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/3/27
ルカ23:34 そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。

★「彼ら」の一人が「私」だった。イエスを十字架につけた思いなどない、という気持ちこそ「何をしているのか自分でわからない」ことなのだ。そんな私のために「お赦しください」と祈ってくださった。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-03-27 06:55 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/3/26
創世記12:1 【主】はアブラムに言われた。「あなたは、あなたの土地、あなたの親族、あなたの父の家を離れて、わたしが示す地へ行きなさい。

★創世記2:24に結婚のことで「父と母を離れ」とあるように自立することが書かれているが、アブラムにも信仰的自立が勧められた。これは何才になっても必要な御言葉だろう。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-03-26 06:59 | みことば

みことば日記

【御言葉日記】2018/3/24
創世記10:32 以上が、その国々にいる、ノアの子孫の諸氏族の家系である。大洪水の後にこれらから、諸国の民が地上に分かれ出たのであった。

★世界中のすべての人がノアの子孫だということ、アダムの子孫だということ、つまり、すべての人はイエス・キリストによって救われるということだ。

†シャローム!† 藤井敬朗


[PR]
# by shinnakano | 2018-03-24 06:43 | みことば